肌のお悩みはココで解決!美容皮膚科の名医ガイド » 美容皮膚科で受けられる施術メニューまとめ » フォトフェイシャル

美容皮膚科で受けられる施術メニューまとめフォトフェイシャル

美容皮膚科の人気メニュー

フォトフェイシャルとは、医療用に企画された光の力を使って、肌の様々な悩みを総合的に解消していく画期的な治療法。シミやくすみ、シワ、たるみ、赤ら顔など、様々な肌のトラブルをまとめて改善させる治療法として、美容皮膚科では大人気のメニューとなっています。ここでは、フォトフェイシャルの具体的な効果、効果をもたらすメカニズム、レーザー治療との違い、おすすめの併用治療、副作用やダウンタイムなどについて、詳しくご紹介します。

4階

フォトフェイシャルは肌を総合的に改善する治療

フォトフェイシャルとは、医療用の光を放つ専用機器を使い、効率的に美肌効果を目指す治療法。光がメラニンに作用してシミやくすみ、そばかすなどを解消するほか、毛細血管にも作用して赤ら顔も解消。また、光の作用でコラーゲンやヒアルロン酸が増産され、肌にハリが生まれてシワやたるみの解消効果ももたらします。

副作用もダウンタイムもほとんどないなど、肌への負担がとても小さい治療法。休日や仕事帰りなどに気軽に受けられる美肌治療として、女性たちの間で広く人気の施術です。

フォトフェイシャルがもたらす効果とは

フォトフェイシャルには、お肌の状態を改善させる様々な効果があります。具体的には、以下のような症状に効果を発揮します。

シミ・そばかす・ニキビ跡の色素沈着

フォトフェイシャルの光が、シミやそばかす、ニキビ跡の色素沈着の原因となるメラニンに反応。施術後、数日で色素が浮き上がってポロポロと剥がれていきます。

くすみ

フォトフェイシャルの光が肌細胞の働きを活性化させて、くすみが軽減。肌に透明感がよみがえり、全体的に顔のトーンが明るくなります。

毛穴・小じわ・肌のハリ

フォトフェイシャルの光の刺激で、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸の生成が促進。保水力が高くなり、肌にハリがよみがえります。ハリがよみがえることで、毛穴の開きや小じわも改善します。

赤ら顔

フォトフェイシャルの光が、赤ら顔の原因となる肌表面の毛細血管に反応。毛細血管の縮小・破壊によって、肌の赤み顔が軽減します。

光が熱に変化してメラニンを破壊

フォトフェイシャルの光がメラニンや毛細血管に当たると、光のエネルギーが熱に変化。この熱の力によって、メラニンや毛細血管にダメージを与え、シミやくすみ、赤ら顔などを改善していくメカニズムです。

また、光のエネルギーが真皮層に働きかけることで、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が促進。肌の内部からハリが生まれ、シワやたるみなどの解消につながります。

なお、フォトフェイシャルの光は、メラニンや毛細血管などのターゲットにしか反応しない仕組み。よって、肌トラブルのない部分には、何らダメージを与えることはありません。

フォトフェイシャルは、とても安全な治療法と言えるのです。

レーザーとフォトフェイシャルの違い

フォトフェイシャルもレーザー治療も、メラニン色素の解消などに有効な点では共通しています。

しかしながら、双方には決定的な違いがあります。それが、波長の長さ。レーザーは波長が長く、フォトフェイシャルは波長が短いという特徴があります。この波長の長さの違いによって、両者には具体的に次のような違いが出てきます。

施術回数の違い

レーザーは、基本的に1回の治療で効果を発揮します。一方、フォトフェイシャルは、3~4週間に1度のペースで何度か施術を受けることで効果を発揮します。

施術の痛みの違い

レーザーは、痛みが強い治療法。麻酔が必要となることも珍しくありません。一方、フォトフェイシャルは痛みが弱いので、麻酔の必要はありません。

ダウンタイムの違い

レーザーを受けた部分には、数日間、傷が残ります。一方、フォトフェイシャルを受けた部位には、傷が残りません。よってダウンタイムもありません。

治療ターゲットの違い

レーザーの治療ターゲットは、特定のシミや赤ら顔など、ピンポイントの部位。ターゲット以外の部位には効果をもたらしません。一方、フォトフェイシャルの治療ターゲットは、肌全体です。肌に生じている様々なトラブルを、まとめて改善します。

内服薬やイオン導入の併用がおすすめ

美白を目指す人には「美白系内服薬」、シミやくすみ、シワなどを総合的に改善させたい人には「イオン導入」の併用がおすすめです。

美白系内服薬

フォトフェイシャルで美白を目指す人には、美白系の内服薬の併用が効果的です。具体的には、ビタミンCやトラネキサム酸、Lシステインなどです。

イオン導入

美白だけではなく、シワやたるみなどもふくめてトータルで肌の改善を目指したい人には、イオン導入の併用が効果的。適切な薬剤を肌に塗って、専用の医療用機器で肌の表面から薬剤を浸透させる治療法です。

副作用もダウンタイムもほぼなし!

フォトフェイシャルには、副作用やダウンタイムがほとんどありません。施術を終えたらメイクをして帰宅できるほど、肌にやさしい治療です。

過去、施術を受けた後に赤みやヤケド、水ぶくれのような症状が現れた患者がいるとの報告はありますが、一般には副作用もダウンタイムもほぼゼロと考えて差し支えありません。

ただし、施術直後の数日間は肌のバリア機能が弱っているため、コマメなUVケア、保湿ケアなどを行なう必要があります。これらケアを怠った場合には思わぬ副作用が現れる恐れがあるので、十分に注意してください。