TOP » 美容皮膚科で受けられる施術メニューまとめ » レーザー治療

美容皮膚科で受けられる施術メニューまとめレーザー治療

レーザーで、シミやたるみなどの悩みを解消

シミやそばかす、たるみなど、肌老化のお悩みはそう簡単には解消されないものですが、どんな化粧品よりも即効性に期待できるのが、レーザー治療です。レーザーを肌に当てることにより、シミやそばかすにダイレクトに働きかけます。

3階

レーザー治療の種類効果

  • フォトフェイシャル

    複数の肌トラブルに働きかける美肌治療器

    フォトフェイシャルとは、IPL(インテルス・パルス・ライト)という光を用いた治療器です。

    約500nmから1200nmの複合的な波長を使用し、肌トラブルの原因にのみ作用。シミや毛穴の開きなど、複数のお悩みを同時に解消できるのが魅力です。

    非常にリスクが低い反面、一回の治療だけでは劇的な変化は得られないため、定期的な照射をおすすめします。

    効果がある症状
    シミ
    そばかす
    色素沈着
    赤ら顔
    ハリ
    ツヤ
    しわ
    毛穴の開き
  • レーザートーニング

    レーザーでは難しかった肝斑治療にも有効

    レーザートーニングとは、非常に弱い出力でレーザーを照射し、少しずつメラニンを減らしていく治療法のことをいいます。

    従来のレーザーでは難しかった肝斑の改善に有効なほか、皮膚深部にまでレーザー光が届き、コラーゲンの生成を促します。

    効果がある症状
    肝斑
    色素沈着
    毛穴の開き
    くすみ
    ハリ
    ほうれい線
    しわ
    リフトアップ
  • フラクショナルレーザー

    皮膚に微弱な穴を開け、肌再生を促す

    フラクショナルレーザーとは、レーザーを点状に照射して皮膚に微小な穴を開け、肌の再生を促す治療器です。

    肌再生を促すと同時にコラーゲンの再構成が活性化し、肌の引き締め感が続きます。

    照射後は腫れるなどのダウンタイムはありますが、その分治療効果は高め。

    効果がある症状
    ニキビ跡
    毛穴の開き
    シミ
    色素沈着
    傷跡修正
    たるみ
    しわ
    タイトニング

レーザー治療機器の種類

BBL

今注目の、キング・オブ・レーザー

BBL(ブロードバンドライト)光治療器は、欧米で「キング・オブ・レーザー」と呼ばれる最新医療機器です。

シミやそばかす、くすみ、赤ら顔、毛穴の開き、弾力の衰えなどを改善。また、脱毛器としても使用することができます。

従来のレーザー治療と比較し、痛みも少なく色素沈着のリスクも低い治療器です。

炭酸レーザー

出血なく、ほくろやイボを除去

炭酸ガスレーザーとは、水に吸収されやすい性質を持つレーザーにより、一瞬のうちに組織を気化・蒸散させる治療器のこと。

ほくろ、イボ、ニキビ、盛り上がりのあるシミなどに用いられます。

組織周辺の血液は瞬時に凝固するため、ほとんど出血はありません。

ヤグレーザー

メラニン色素が原因のシミやあざ治療に

ヤグレーザーは、メラニン色素が原因となっているシミやそばかす、あざ治療に用いられるレーザーです。

皮膚の深部に届く波長に加え、半波長を必要に応じて切り替えることで、シミやそばかす、青あざ、タトゥー除去などに広く効果を発揮します。