HOME » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み辞典 » 医療脱毛|美容皮膚科@ポータル
美容皮膚科で受けられる医療脱毛

ムダ毛が気になる方必見!医療脱毛パーフェクトガイド

薄着になる夏場に限らず、ムダ毛が気になるシーンは意外と一年中多いもの。脱毛サロンや脱毛エステも人気がありますが、最近では医療機関で受ける「医療レーザー脱毛」を選ぶオトナ女性が増えています。複数回施術を受ければ、脱毛効果は永久的。定期的に通わないといけないエステやサロンの脱毛と違い、一度治療を受けてしまえばずっとつるつるの美肌でいられますよ。夏場はもちろん、急なお泊りも安心です。
ここでは医療脱毛にまつわる疑問にお答えしながら、クリニックの選び方や脱毛に用いられるレーザー機器などを紹介していきます。

4階
なやみ

医療脱毛でつるつる肌を手に入れよう!

脱毛できる場所といえば、脱毛サロンと美容クリニックの2か所。ここでは、サロンとクリニックで受けられる脱毛の違いについて説明していきます。広告を兼ねた破格のキャンペーン価格で着々と知名度を伸ばしている脱毛サロンは、資格を持っていないスタッフでも施術が可能なため人件費を安く抑えられます。1回毎の費用は抑えられるサロン脱毛ですが、トータルで見た場合は医療脱毛の方がお得になることも…。高額なイメージの強い医療脱毛が安くなる理由や効果の違いについてまとめているので、どちらの脱毛を選ぶべきか悩んでいる人はチェックしてください。

脱毛サロンとクリニックの医療脱毛はどう違う?

  • 1回の費用は高くても
    医療脱毛のほうが経済的

    脱毛サロンと医療脱毛の最大の違いは「費用」。脱毛サロンでは数百円で特定部位の脱毛ができるキャンペーンをはじめ、ワンコインでムダ毛を処理できるサロンもあります。しかし脱毛サロンは費用が抑えられる反面、施術回数が医療脱毛の倍以上かかることも。最後まで脱毛を続けようと思った場合、サロンとクリニックでは費用に大きな差はありません。 脱毛サロンで施術回数が増えてしまうのは、出力を抑えた光しか当てることができないためです。エステティシャンやカウンセラーなど資格を持たないスタッフが施術する脱毛サロンでは、火傷をはじめとした肌トラブルを回避するために誰でも問題なく使用できる出力の弱い機器を使用します。そのため肌への負担が少ない施術を受けられる分、効果が弱いため回数が増えてしまい、トータルの費用も回数分高くなってしまうのです。 もちろん1回のみの価格で比べた場合、サロンの方が圧倒的に安くなります。そのため「ツルツルな肌になるのは結婚式の時だけでOK!」「脇を安く脱毛できれば満足」という人の場合は、脱毛サロンを利用するのがオススメです。

  • 脱毛サロンの脱毛は一時的、
    医療脱毛の効果は永久的

    クリニックで行うのは「レーザー脱毛」という方法です。1種類の波長を用いて、部位へピンポイントに熱を集める医療用レーザーは出力が強く、効果が高いのが特徴。しかし熱を持ちやすい施術なので、火傷をはじめとした肌へのダメージを抑えるためには専門知識を持ったスタッフが照射する必要があります。そのためレーザー脱毛は、医師や看護師などの有資格者のみが施術できる脱毛方法。万が一の際の対応やアフターケアの相談がしやすく、安全性の高い脱毛を受けられます。 対して脱毛サロンで受けられるのは「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」です。サロンによって呼び方は異なりますが、どちらも同じ脱毛方法。照射した光(フラッシュ)のエネルギーでメラニンに働きかけて脱毛を促します。レーザーの出力が制限されているため、専門知識のないスタッフでも安全に扱えるのが特徴。レーザーの出力が弱いため肌への負担や痛みが少ないとされていますが、効果が弱くレーザー脱毛の倍以上の施術回数が必要になります。

  • トラブルに強いのはやっぱり
    クリニックの医療脱毛

    肌にレーザーを当てる脱毛には、出力に関係なく様々なリスクの可能性があります。火傷や毛嚢炎(もうのうえん)、毛が濃くなる硬毛化や増毛化など、肌荒れやムダ毛のトラブルが起こるリスクを最小限に抑えるには、事前の処置や万が一の際の迅速な対応が必要です。医療脱毛を行うクリニックには、診察や施術、万が一の対応まで行う医師が常駐しています。カウンセリングを医師が行うクリニックも多く、医療の観点から肌の状態を診て適切なレーザーの出力を決定。脱毛リスクを抑えつつ高い効果を得られるよう、一人ひとりに合った施術を提案してくれます。脱毛直後や経過を見ている中でトラブルが見られた場合、脱毛を行ったクリニックに相談すると適切な処置が受けることが可能です。肌トラブルに関してセルフケアで対応できるのは、応急処置のみ。解決するためには、医師の診察・治療が必要です。脱毛サロンには医師がいないため、万が一の際の診察が難しいかもしれません。トラブルのことまで考えて選ぶなら、安全性と対応力が高いクリニックでの脱毛がオススメです。

  • 結局どっちがオススメ?
    医療脱毛サロン脱毛

    医療脱毛とサロン脱毛にはそれぞれのメリットがあります。まずは自分がどのような脱毛をしたいかを考えて、希望に合った脱毛方法を選ぶのがいいでしょう。 「永久脱毛がいい」「全身をキレイにしたい」と思うならば、医療脱毛がリーズナブルです。1回ごとの料金だけで見ると医療脱毛は高く見えますが、少ない施術回数で済むのでトータルの費用で見た場合、サロンよりも安い料金で高い効果を得られます。 「1回だけ脱毛したい」「両ワキだけでいい」など回数や部位を絞った脱毛で十分ならば、リーズナブルなサロン脱毛がオススメです。人気の部位の場合、キャンペーン価格として数百円で受けられる脱毛サロンも。そういったキャンペーンを利用して安くサロンで脱毛する方法もありますが、一箇所きれいにするとその状態のキープや他の部位も脱毛したくなる人が少なくありません。長期的な効果をサロン脱毛で得ようとすると、期間が長引くだけでなく費用も膨んでしまいます。「全身をキレイにしたい」という思いがある場合は、最初からクリニックで脱毛するのがオススメです。

医療脱毛は美容皮膚科クリニックで受けるのがおすすめ!

クリニックでの医療脱毛できれいになりたい!と思ったら、次に悩むのが美容クリニックの選び方でしょう。各クリニックの公式サイトをチェックすると、医療行為にも関わらずそれぞれのクリニックで価格が異なることに疑問を持つ人も多いはず。ここでは、価格が異なる理由やクリニックを選ぶ際のポイントについてまとめました。自分にピッタリの美容クリニックを見つけるためには、自分なりの「こだわりポイント」を持つことが大切です。効果や価格、アクセスなど、自分なりのこだわりを見つける手がかりとしてチェックしてください。

  • クリニックによって
    価格が違うのはなぜ?

    クリニックによって使用している機械は異なりますが、行われる施術に大きな違いはありません。しかし、料金はクリニックによってさまざま。その理由は、各クリニックの経営方針にあります。 美容クリニックで行われる診療は、保険適応外となる自由診療です。そのため、料金設定は各クリニックに委ねられています。主な考え方は2種類。1つは医療脱毛を専門的に行うことでコストを削減して料金を抑える方法です。施術内容を脱毛に限定することでスタッフが日々脱毛の技術を高められる状態となり、クリニック全体の技術力が上がります。高い効果と美しい仕上がりを実感できた患者からの紹介で新規顧客を集めやすいため、広告費も最小限にすることが可能です。 もう1つは脱毛に限らず幅広い施術を行いながら多くの広告を打ち出すことで、新規顧客を集めて事業を拡大する方法。治療費の中に広告費や拡大するための経費が上乗せされるため、料金が高くなる傾向にあります。 運営方針のほかにも、機器やサービスの充実度によっても料金に差が生まれることも。高い料金=ハイクオリティーな施術を行うクリニック、とは限らないのです。

  • レーザーの種類によって
    脱毛効果は異なるの?

    医療脱毛の進歩により、今ではほとんどのレーザー機器で痛みのない施術を短時間で受けられるようになりました。そのため脱毛を希望する人の間では、クリニックでどのレーザー機器を使用しているかどうかは重要なポイントではなくなりつつあります。かつては「日焼け肌には照射できない」「産毛には効きにくい」というデメリットもありました。しかし今では、ほとんどのレーザー機器が日焼け肌や産毛・色の薄い毛にも反応します。医療脱毛は、多くの人が医療脱毛の高い効果を実感できるまでに発展しているのです。各クリニックでは日本人の肌に合うレーザー機器を採用しているため、効果が得られることはほぼ間違いありません。レーザー機器によって効果が変わることも少ないため、レーザー機器の種類を細かく記載していないクリニックが多いようです。どうしても気になるようであれば、無料カウンセリングでスタッフに確認しておきましょう。

クリニックを選ぶ時に比較すべきポイントは?

  • レーザー脱毛の効果に大きな違いはない

    患者の肌の状態に合わせて出力を調整するだけで、レーザーを照射する行為自体はどのクリニックでも共通です。クリニックによって異なる脱毛機器を使っていますが、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーをはじめとした最新の機器であれば大きな違いはありません。 そのため、クリニックによって効果が大きく異なるということはあまり考えられないのです。クリニックを選ぶ際は、脱毛の効果以外で重視したいポイントを見つけるのがいいでしょう。

  • 通いやすい場所にあると続けやすい

    医療脱毛はサロン脱毛と比べて回数が少ないとはいえ、何度か通う必要があります。そのため、遠くのクリニックを選ぶと2回目3回目の施術を受けるのが大変です。通いやすさで選ぶなら、家や職場の近くにあるクリニックを選ぶのがオススメ。駅から徒歩数分圏内にある美容クリニックも多いため、最寄り駅周辺のクリニックを探すのもいいかもしれません。

  • リフレッシュを兼ねるなら居心地の良さも注目

    美容クリニックの中には居心地の良さにこだわり、ホテルのような豪華な造りになっているところもあります。またリラックスできるように、清潔感のあるきれいな内装にこだわるクリニックも。雰囲気以外にも、個室で施術することで他の患者と顔を合わせずに済むよう配慮されたクリニックもあります。院内の雰囲気や内装によって、脱毛へのストレスや緊張は軽減されるもの。脱毛への不安が大きい人は、気分が和らぐようなクリニックを選ぶのもひとつの手です。

  • 医療脱毛をコスパ重視で選ぶのも◎

    高額なイメージの強い医療脱毛ですが、長期的な効果と広い範囲への施術を考えた場合はサロンでの脱毛と同程度かむしろ安くなることもあります。その意味で「安く脱毛したい!」と思うのなら、医療脱毛を選ぶのがおすすめ。お得なプランを打ち出しているところや月額料金・通い放題の料金を設定しているところなど、クリニックによっても料金が異なります。各クリニックの料金を比べて、お得に脱毛できるところを選んでみるのもいいかもしれません。

  • 最新のレーザー機器を選ぶ

    新しいレーザー機器は、肌トラブルのリスクを抑えながら高い効果を得られるように改良されています。アクセスや雰囲気、価格だけでなくレーザー機器そのものにこだわるのもいいでしょう。ただ、最近ではある一定ラインまで脱毛機器の性能が上がっているため、最先端の機器でなくとも痛みのない施術で高い効果を得ることができます。医療脱毛の知識が豊富で特定の機器にこだわりがある人の中には機器の種類で選ぶ人もいますが、多くの人は価格やアクセス、雰囲気などで比べているようです。

医療脱毛の機器

  • ダイオードレーザー

    産毛にも効果的な、代表的レーザー器

    ダイオードレーザーは、1照射あたりのパルス持続時間が1000分の1秒と非常に短い時間で施術できるため、他のレーザー器よりも高い出力で脱毛を行うことができます。 他のレーザーでは出力20ジュールで火傷を起こすリスクが高いといわれていますが、ダイオードレーザーの場合は出力40でも火傷を起こすリスクはほぼありません。 そのため産毛の脱毛にも効果があり、痛みが少ないのがポイントです。最近日焼した人でも施術を受けることができます。

    薄い毛に効果があると聞き、受けてみた

    毛が薄い部分の脱毛を以前エステで断られてしまったため、薄い毛にも効果が高いダイオードレーザーを扱っているクリニックを選びました。 ビックリするほど痛みがなかったです。

    痛くないし、すぐに抜ける実感がある

    痛い脱毛は嫌だったので、いくつかのクリニックにカウンセリングに行ってから決めました。 パチッとした衝撃はあるけど、確かに他の脱毛器より痛くない!すぐに抜ける実感もあり、大満足です。

  • アレキサンドライトレーザー

    日本人の肌質に合い、美肌効果にも期待

    国内で使用されている脱毛器として、ダイオードレーザーと並んで多く採用されているのが、アレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトという宝石を用いたレーザーがメラニン色素に反応。熱が毛包を破壊し、毛の成長をストップさせます。 755nmという波長が、メラニン色素の多い日本人の肌にも適したレーザーです。脱毛だけでなく難治性のニキビ治療にも用いられるほか、しみ、くすみ、小じわの改善や、タトゥーの除去にも使用されています。

    数年たった今でもつるつるの肌をキープ

    剛毛なので痛みが心配でしたが、我慢できないほどではなかったです。
    コースが終わり数年たちますが、今でも自己処理が必要ないほどつるつる。思い切って挑戦して良かったです。

    脇のぶつぶつと黒ずみもなくなった

    私の場合は、4回目でほとんど生えてこなくなりました。
    嬉しかったのが、脇のぶつぶつと黒ずみがなくなったこと!こんな効果があるならもっと早く受ければよかったかも。

  • ヤグレーザー

    毛根が深い部分、メラニンの多い部分に

    日焼をした人でも照射可能といわれているのが、ヤグレーザーです。 黒いものに反応しにくいという特徴があるため、日焼けをした人のほか、しみなどの色素沈着がある人でも施術を受けることができます。乳首、肛門などのメラニン色素のあるパーツにも向いています。 また、波長が長いことから毛根が深いVIOのような部位にも効果を発揮。ただし、黒いものに反応しにくいため、医療脱毛器の中ではやや脱毛効果が弱いといえるでしょう。

    脱毛効果の出方はゆっくりかな?

    ビキニラインの脱毛を受けました。多少熱かったけど、以前ワキで受けた針脱毛に比べたら全然マシ。
    1か月おきに通い、最初は効果ないと思ったけど、やっと効果が出てきました。気長にみておきます。

    一回のみの施術だけど、効果があった

    鼻下の脱毛を受けました。かなり痛いかなと思っていたけど、照射時ビクッとなるだけで、慣れてしまえば大丈夫でした。
    一回受けただけだけど、かなり効果があったみたい。自己処理ほとんどやってません。

  • ライトシェア・デュエット

    痛みを軽減。広範囲の脱毛に効果を発揮

    ダイオードレーザーの中でも多くのクリニックで採用されているのが、ライトシェアデュエットという機器です。他のレーザーと比べてほとんど痛みがないのが最大の特徴でしょう。 照射部分を吸引して皮膚を伸ばしながら照射するため、ターゲットの毛に対して効率的にエネルギーを加えることができます。照射面積は従来のものより格段に広くなっており、最大で施術時間が4分の1まで短縮することが可能。 広範囲の脱毛には特にその力を発揮してくれるでしょう。

    痛くないので、他の部位もやってみたい

    ワキ脱毛の5回コースを受けています。先日4回目を受けたところですが、もうムダ毛はほとんど気にならなくなりました。
    思ったより痛くなくて、他の部位もやってみたくなりました。

    スピーディで、痛くないのが良いですね

    5年前に受けた脱毛器よりもだいぶパワーアップしているような気がします。施術がすごくスピーディだし、何より痛くない。
    ひざ下の脱毛を受けましたが、トータルで20分ほどで終わりました。

自分に合った美容皮膚科でつるつるの美肌を手に入れよう

毎日人の目に触れる腕や足の処理は、面倒なだけでなくセルフケアで肌に大きなダメージを与える可能性も。また「服で隠せるから」と油断しがちな脇も、毎日処理しておかなければ腕を上げたわずかな瞬間に裾の間から見えてしまい、恥ずかしい思いをするかもしれません。ムダ毛処理のストレスや処理をサボった時の不安から解放されるためには、セルフケアではなくプロに脱毛をお願いするのが1番です。永久的な効果が注目され、もはや大人女性のエチケットともなった医療脱毛。あなたも自分に合ったクリニックを見つけて、ぜひ今年から始めてみてくださいね。

美容治療アドバイザー