TOP » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み事典 » 目の下のクマ
美容皮膚科で受けられるクマ治療

年齢が一番出やすい目元を改善!クマの治療法

顔の中で一番年齢が出るのは「目元」です。眼の下にクマがあると疲れて見えたり、老け顔に見られてしまいます。そんなクマですが、原因はたるみであったり血行不良であったりと様々。自分ではなかなか原因が見極められず、間違ったケアをしがちです。ここでは、クマの原因や種類、治療法を紹介します。自分に合った方法で、若々しい目元を手に入れてくださいね。

4階
なやみ

目の下のクマ

目の下の皮膚が周りの皮膚と比べて黒ずんだ色をした状態のことを「クマ」と言います。顔の印象を大きく左右するクマは、幅広い年代の方が抱える悩みのひとつです。メイクで隠したり、パックをしてみたり、マッサージでセルフケアをしている方は多いはず。しかし、それだけではなかなか改善できません。寝不足や目を酷使したときにできることもありますが、原因は一つだけではないからです。クマをキレイに消すためには、原因をきちんと見極めることが大切です。

クマの種類によって原因は様々

ひと口にクマと言っても、いくつかの種類があります。クマの原因は上記で説明した通りですが、それによってクマの現れ方は大きく異なるのです。クマをきれいに治すためには自分のクマのタイプを知っておくことが大切。ここでは、クマの種類別に原因やなりやすい人、改善方法などを紹介します。

  • クマ(たるみグマ)

    眼の下のたるみで影ができ、黒っぽく見えるクマのことを言います。加齢により、目の下の脂肪である眼窩脂肪を支える筋肉が衰えることで、目の下にたるみが生まれるのです。たるみの下に影ができるため、黒く見えてしまいます。脂肪が少ない方でも、加齢で脂肪が萎縮してくぼむと影ができやすくなり、くすんで見えることも。シミではなく脂肪と筋肉の衰えでできるクマです。

    改善方法は

    黒クマは主に加齢によって生じるため、自力で改善するのは困難です。効果の高い改善方法としては、美容皮膚科で受けられるヒアルロン酸注射や脂肪溶解注射が挙げられます。注入により目元をふっくらさせることでクマの影を消す施術です。

    なりやすい人
    急激なダイエットをした 加齢で顔の脂肪が落ちた
    見分け方
    目の下の皮膚を指で伸ばすと消える、顔の上から光を当てると濃くなる
  • クマ

    目の下の皮膚が茶色く見えるクマのことを言います。主な原因は色素沈着です。紫外線で肌にダメージを受けたり、アイメイクを洗い落とす際に目をこすり過ぎたりすると色素が沈着してしまいます。こするだけではなく、きちんとメイク落としができていないことも原因のひとつ。また、皮膚がたるんで小じわが多くなり、細かい影ができて暗く見える状態も茶クマの特徴です。

    改善方法は

    茶クマの色素沈着は、美白を意識したケアで改善できることがあります。摩擦を避け、規則正しい食事をし、しっかりと紫外線対策をしてください。色素を除去するレーザー治療や光治療も有効です。

    なりやすい人
    目をこすりがち 顔の紫外線対策を怠っている 自分でフェイスマッサージをすることが多い
    見分け方
    皮膚を引っ張ったり角度を変えたりしてもクマが消えない
  • クマ

    目の周りの毛細血管が、皮膚から透けて青く見える状態のことを言います。もともと眼の周りの皮膚は薄いものですが、血行が悪くなると青っぽいクマとなって透けてしまうのです。ほかにも、ホルモンバランスの乱れ・ドライアイ・冷え・肩こり・貧血・ストレスなど原因はさまざまあります。

    改善方法は

    青クマを消すには、生活改善により、血行を促進させることが最優先。パソコンや読書など、1点を凝視し続けるような作業をするときは、こまめに休憩を挟んで目を休めましょう。レーザー治療も有効です。

    なりやすい人
    1日中パソコンと向き合っていることが多い 冷え性や貧血になりがち
    見分け方
    目の下の皮膚を引っ張ると少し薄くなる
  • クマ

    青クマと同じように、眼の周りの血行が悪くなることで赤く見えるクマのことを言います。血液が滞ったり、眼の下の脂肪がたるんだりすると、眼輪筋という眼の周りの筋肉が内側から押し出されて浮き出てしまい、筋肉の色が透けて見えるように。眼の下の皮膚を上下に引っ張ると赤みが増すのが特徴です。

    改善方法は

    赤クマも青クマと同様、血行を改善することで薄くできることがあります。眼輪筋が圧迫されることで症状が生じている場合は、脱脂施術など、皮膚の下のふくらみを抑える施術が効果的です。

    なりやすい人
    長時間パソコンや読書をすることが多い 目の下の皮膚が薄い
    見分け方
    目の下の皮膚を引っ張ると赤みが濃くなる

自然に治りにくいクマは治療しよう

  • クマは放置していても治らない

    ケガや炎症と違い、クマは「放っておけば治る」というものではありません。寝不足や疲労からくる血行不良に原因があるクマであれば、時間が経てば消えることもありますが、同じ生活スタイルを続けていては改善は難しいでしょう。血行不良が続くと目元に栄養が運ばれず、老廃物も排出されません。たまった老廃物が重みでたるみ、青クマが黒クマに悪化する…ということも多いのです。

  • 安易な自己ケアも悪化の元!

    クマの中でも血行不良が原因で生じる青クマは、マッサージで改善できることがあります。血行を良くするマッサージや、老廃物を排出するリンパドレナージュなどがよく知られています。しかし、こうしたマッサージを自己流で行ってしまうと、必要以上に皮膚を摩擦し、色素沈着を起こして茶クマに繋がるリスクがあるのです。安易なセルフケアではなく、きちんと治療を受けることをおすすめします。

クマの治療法

クマの治療法は、クマの状態や原因によって選択することが大切。各治療内容の特徴を確認した上で、自分に合った治療法を選びましょう。

注入治療

影によってできた黒クマに効果的な治療です。目の下のくぼんだ部分に薬剤や脂肪を注入し、ふっくらさせることで、黒クマの影を消していきます。茶クマなど黒クマ以外のクマには効果がないことがありますので、注意が必要です。

レーザー治療・光治療

レーザーや光治療器は、色素沈着によって生じる茶クマに対して有効な方法です。肌の深部に沈着したメラニン色素を破壊し、排出を促します。また、メラニンの過剰な生成を抑えてくれるため、予防治療にもおすすめです。

外用薬・内服薬

色素沈着による茶クマに効果的な治療法です。メラニンの生成を抑える働きがあり、レーザー治療と併用することで効果を高めることができます。

  • ハイドロキノン

    ハイドロキノンは、美白治療で用いられている世界的にも著名な外用薬。肝斑やシミなど、沈着したメラニン色素の除去に著しい効果を発揮します。メラニンの沈着を原因とした茶クマには効果的ですが、たるみを原因とする黒クマ、皮膚の薄さを原因とする青クマなどには改善効果がありません。

  • トレチノイン処方

    トレチノインとは、ハイドロキノンと並び称される有名な美白用外用薬。塗布することで肌のターンオーバーが促進され、約1~2ヶ月を経て表面のメラニン色素が排出されるメカニズムです。色素沈着を原因とする茶クマの解消に効果的ですが、黒クマや青クマには効果はありません。

高周波・熱治療

「切らずにリフトアップができる」と呼ばれる治療。高周波の熱で皮膚が引き締められ、目元のたるみを取り除く施術法です。ダウンタイムはほとんどなく、1回の治療で効果が期待できます。コラーゲンが生成されるので、肌にハリと弾力が回復する効果も。

クマ治療で考えられるリスクや失敗とは

美容治療を受ける以上、リスクがないとは言い切れません。ここでは、クマの治療を受けた時に考えられるリスクや失敗を紹介します。実際に起こる可能性は低いですが、念のため頭に入れておきましょう。

  • 目元が腫れる

    主に脂肪注入などの注入治療を行った際に考えられるリスクが、目の下の腫れです。注入量が合っていないと目の下の皮膚が浮き上がり、腫れた印象の目元になります。治療後のダウンタイムとして一時的に腫れることはありますが、長引く場合は医師に相談してください。また、眼窩脂肪が突出したクマに対して行われる「脱脂法」も、施術中の出血によって腫れにつながりやすい治療です。

  • 目の下のくぼみ

    脱脂法など、目の下の脂肪を取り除くクマ治療では、目の下がくぼむというリスクが考えられます。本来取り除かないといけない眼窩脂肪が突出した部分ではなく、誤った部分の脂肪を取り除いてしまうためです。これによりさらに目の下の凸凹が大きくなり、クマが濃くなってしまう原因に。また、脱脂量が多すぎた場合も、くぼみが生じます。

  • 目の下にしわができる

    もともと目元の皮膚がたるんでいる人が経結膜的脱脂術を受けると、皮膚がさらにゆるみ、目元にしわが生じることがあります。脂肪の取りすぎや、脂肪摘出箇所のバランスの悪さが原因です。

  • 合併症が生じる

    目の下に脂肪を注入する際、脂肪が空気に触れてしまうことで、感染症を引き起こす可能性があります。

万全の医師選びでリスクのないクマ治療を

目の下にできるクマ。一見どれも同じように見えますが、その種類によって原因が大きく異なります。たるみによって生じた黒クマに対して、血行改善や色素沈着のケアは効きません。間違ったセルフケアを続けていては、いつまでもクマが改善することはないのです。クマをきれいに治して、輝く目元を手に入れたいなら、美容皮膚科で治療を受けるのが最善の近道。クリニックの口コミなども参考にしながら、自分にぴったりのドクターを見つけてくださいね。

美容治療アドバイザー