HOME » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み辞典 » 目の下のクマ治療|美容皮膚科@ポータル

美容皮膚科で受けられるクマ治療

年齢が一番出やすい目元を改善!クマの治療法

顔の中で一番年齢が出るのは「目元」です。眼の下にクマがあると疲れて見えたり、老け顔に見られてしまいます。そんなクマですが、原因はたるみであったり血行不良であったりと様々。自分ではなかなか原因が見極められず、間違ったケアをしがちです。ここでは、クマの原因や種類、治療法を紹介します。自分に合った方法で、若々しい目元を手に入れてくださいね。

4階
なやみ

クマとは

眼の下の皮膚が周りの皮膚と比べて黒ずんだ色をした状態のことを「クマ」と言います。顔の印象を大きく左右するクマは、幅広い年代の方が抱える悩みのひとつです。メイクで隠したり、パックをしてみたり、マッサージでセルフケアをしている方は多いはず。しかし、それだけではなかなか改善できません。寝不足や目を酷使したときにできることもありますが、原因は一つだけではないからです。クマをキレイに消すためには、原因をきちんと見極めることが大切です。

クマの原因

クマの種類によって原因はいくつかありますが、大きく3つに分けられます。

  • 色素沈着

    眼の周りの皮膚は薄く、紫外線による日焼けや皮膚の乾燥で色素沈着しやすいと言えます。アイメイクの洗い残しや洗顔時にm顔を強くこすってしまうと、眼の周りの薄い皮膚にダメージを受けて色素沈着する場合も。

  • 血行不良

    眼の周りには多くの毛細血管があり、血の巡りが悪くなるとクマができやすくなります。睡眠不足やストレス、生活習慣の乱れやパソコンを長時間使用することで、血流が滞りやすくなります。

  • 老化によるたるみや皮膚のへこみ

    年齢を重ねると、眼球の筋肉が衰えていきます。それまで支えていた皮膚や脂肪を支えられなくなり、目の下がたるんで影ができることでクマになるのです。筋肉に加えて脂肪がないと、皮膚がへこんでできるクマもあります。

クマの種類

ひと口にクマと言っても、いくつかの種類があります。それぞれの特徴や見分け方をまとめました。

  • 黒クマ(たるみグマ)

    眼の下のたるみで影ができ、黒っぽく見えるクマのことを言います。加齢により、目の下の脂肪である眼窩脂肪を支える筋肉が衰えることで、目の下にたるみが生まれるのです。たるみの下に影ができるため、黒く見えてしまいます。脂肪が少ない方でも、加齢で脂肪が萎縮してくぼむと影ができやすくなり、くすんで見えることも。シミではなく脂肪と筋肉の衰えでできるクマです。

  • 茶クマ

    目の下の皮膚が茶色く見えるクマのことを言います。主な原因は色素沈着です。紫外線で肌にダメージを受けたり、アイメイクを洗い落とす際に目をこすり過ぎたりすると色素が沈着してしまいます。こするだけではなく、きちんとメイク落としができていないことも原因のひとつ。また、皮膚がたるんで小じわが多くなり、細かい影ができて暗く見える状態も茶クマの特徴です。

  • 青クマ

    目の周りの毛細血管が、皮膚から透けて青く見える状態のことを言います。もともと眼の周りの皮膚は薄いものですが、血行が悪くなると青っぽいクマとなって透けてしまうのです。ほかにも、ホルモンバランスの乱れ・ドライアイ・冷え・肩こり・貧血・ストレスなど原因はさまざまあります。

  • 赤クマ

    青クマと同じように、眼の周りの血行が悪くなることで赤く見えるクマのことを言います。血液が滞ったり、眼の下の脂肪がたるんだりすると、眼輪筋という眼の周りの筋肉が内側から押し出されて浮き出てしまい、筋肉の色が透けて見えるように。眼の下の皮膚を上下に引っ張ると赤みが増すのが特徴です。

クマの治療法

クマの治療法は、クマの状態や原因によって選択することが大切。各治療内容の特徴を確認した上で、自分に合った治療法を選びましょう。

  • ヒアルロン酸注入

    たるみやへこみが少ないレベルの場合、ヒアルロン酸を注入して皮膚をなだらかにします。肌のうるおいや弾力も回復するので、目元にハリが期待できるのだとか。

  • 脂肪注入

    自分自身の脂肪細胞を注入することで、ヒアルロン酸と同じように皮膚のたるみやへこみを改善します。ヒアルロン酸と異なる点は、すべてが完全に体内に吸収されないので、3~5年ほど効果が持続するところ。自身の細胞を使用するため、アレルギー反応のリスクも軽減できます。

  • ハムラ法

    眼の下の脂肪やくぼみも同時に解消できる施術法で、余分な脂肪をくぼみ部分へ移動させて皮膚をなだらかにします。自然な仕上がりで、効果が長期的なのも魅力。クマやたるみ取りでポピュラーな施術です。

  • レーザートーニング

    肝斑やシミを取り除くレーザー治療です。低出力のレーザーなので、肌の刺激が小さく痛みも少ないのが特徴。沈着したメラニン色素を取り除くだけではなく、肌のキメと代謝を整える効果も期待できます。

  • QスイッチYAGレーザー

    メラニン色素のみに反応して、ピンポイントで取り除くレーザー治療です。通常の肌に刺激を与えないので、肌への負担が少ないと言えます。1回の施術で効果が期待でき、かさぶたとなってしみは剥がれ落ちるのだとか。クマだけではなく、シミやホクロ除去にも使われています。

  • サーマクール

    「切らずにリフトアップができる」と呼ばれるサーマクール。高周波RFの熱で皮膚が引き締められ、目元のたるみを取り除く施術法です。ダウンタイムはほとんどなく、1回の治療で効果が期待できます。サーマクールをあてるとコラーゲンが生成されるので、肌にハリと弾力が回復する効果も。

自己改善が難しいクマは美容皮膚科で治療しよう

目の下にできるクマ。一見どれも同じように見えますが、その種類によって原因が大きく異なります。たるみによって生じた黒クマに対して、血行改善や色素沈着のケアは効きません。間違ったセルフケアを続けていては、いつまでもクマが改善することはないのです。クマをきれいに治して、輝く目元を手に入れたいなら、美容皮膚科で治療するのが近道。セルフケアで改善を目指すという人も、カウンセリングを受けて原因を明らかにしておくことをおすすめします。

おすすめの治療は…