HOME » お悩み別おすすめ美容皮膚科ランキング » ピアスの穴あけ

お悩み別おすすめ美容皮膚科ランキングピアスの穴あけ

ピアスをあけるなら、安心安全な美容外科へ

ピアスをご自分であけて、痛みや膿みなどのトラブルに見舞われた方も多いのではないでしょうか。
ピアスの穴をあけるのなら、プロにお任せした方が安全かつ安心です。こちらでは、部位ごとの注意点や、ピアスの穴あけで評判の美容外科をご紹介します。

ピアスの穴あけ
4階
なやみ

ピアスの穴あけ

  • 自分で穴をあけるよりも
    クリニックであけた方が安全

    ご自分でピアスの穴をあける場合は、アクセサリーショップなどで販売されているピアッサーを使えばあけることができます。しっかりと冷やしてから消毒し、あけたい部分に印をつけてからあけるようにしましょう。
    化膿したり腫れたりすることもあるので、安全性を考えると医療機関がおすすめです。


  • ピアスの穴あけトラブル

    セルフでピアスの穴をあけると、トラブルに見舞われることがあります。よくあるトラブルが化膿ですが、その状態から完治しないままピアスを入れると、細菌感染の恐れがあります。
    また、ケロイドやしこりができるケースや、金属アレルギーを起こすこともあります。

ピアスの穴あけ部位

  • へそ

    貫通しにくくトラブルを起こしやすい部位

    隠れたおしゃれを楽しめる、へそピアス。夏になれば、きらりと光るへそピアスがボディラインを美しく引き立たせます。へそピアスは穴が貫通しにくい特殊な箇所なので、ご自分であける場合はへそ専用のピアッサーを用意する必要があるでしょう。
    しかし、ご自分であけるとお腹の血管や神経を傷つけてしまうリスクがあり、そこから化膿して感染症を引き起こす恐れがあります。また、衣服がこすれる箇所なのでトラブルを引き起こしやすい部位だといえます。
    膿んでしまったり痛みが出た場合は、早めに病院で薬を処方してもらいましょう。

    自分であけたら相当痛かったと思う

    へそピを病院で開けました。痛みは麻酔をするときだけ。麻酔が効いてから先生が太い針を使ってぐいぐい開けていました。自分でやったらさぞ痛かったろう…と少しゾクリ。
    へそピ可愛いです!あけて良かった!

    自分で開けようと思ったが激痛で断念

    一度自分であけようとしましたが、あまりの激痛に断念。クリニックで開けてもらいました。
    先生は慣れているのか、一瞬で終わったのに真っすぐ開いていて感動。信頼できるクリニックに出会えてよかったです。

  • 耳たぶ

    挑戦しやすい部位だからこそ、慎重に

    若い方でも比較的あけやすいのが、耳たぶではないでしょうか。柔らかい部位なので、ピアッサーを使えばご自分でもあけやすいですよね。
    しかし柔らかい部分だからこそ、少しひっかけただけで裂けてしまうなどのトラブルがあります。
    また、挑戦しやすいことから気軽にあけ、適切な処置をしないまま化膿やしこり、感染症を引き起こしてしまうことも。初めての方は特に、医療機関でのピアッシングをおすすめします。

    トラブルもなく、経過は順調です

    以前あけていましたが閉じてしまったため、クリニックでピアッシングしました。ちくっとしたけど一瞬で終わり、こんなものだっけ、とびっくり。
    もらった消毒をして、赤みもなくトラブルもなし。近いうちにもう一個ピアスをあける予定です。

    医療用のピアスガンで一瞬で終わりました

    以前失敗したことがあるので、今度は病院で。
    穴あけの位置もできるだけ左右対称にと慎重に決めていただき、医療用のピアスガンで一瞬であけてもらいました。
    お陰様でおしゃれを楽しめます!

  • 軟骨

    セルフでは難易度の高い、軟骨ピアス

    ご自分ではあけるのが難しい部分のひとつに、軟骨があります。あけた直後に腫れるのは、よくあるマイナートラブル。患部が腫れると熱を持ち、かゆみと痛みに悩まされます。腫れるのを見越して、少し長めの軸のものをファーストピアスにするといいでしょう。
    また、「肉芽」という炎症性の腫瘍や、耳全体が赤く腫れて高熱を伴う「耳介軟骨膜炎」も軟骨ピアスによくみられるマイナートラブルです。あける時も痛みを伴うので、局所麻酔を用意している医療機関もあるようです。

    少しの位置の調整で、とてもかっこいい

    軟骨ピアスをあけたけど、耳にできものができてしまって治療しに行きました。
    そこでもう片方の軟骨にあけてもらいました。少し位置が違うだけで、こんなにかっこいいなんて。

    あける音にびっくりしたけど、痛みは一瞬

    もっとピアスホールを増やしたくて、ついに軟骨に…。自分でやるのは怖くて、脱毛でお世話になった美容外科でお願いしました。
    どれくらい痛みがあるのかと不安だったけど、痛みは一瞬だけ。あける音にびっくりしました。とてもスムーズに施術してもらえました。

  • 顔の印象をがらりと変える眉ピアス

    眉にピアスをあける場合は、正確な位置に十分な深さのあるピアスホールをつくるために、ピアッサーではなくニードルを使います。骨格がカーブしている場所なので、眉ピアスはぴったりとフィットしたものを選びましょう。
    眉ピアスはとても目立つ場所で顔の印象も左右されるものです。また、ピアスホールができるまでは毎日のケアも必要。勢いであけるのではなく、仕事のことや学校のこと、先のことをよく考えてからあけるようにしましょう。

    痛みはなかったものの、まぶたに内出血

    三日目に眉ピアスをあけました。痛みはほとんどなかったけど、まぶたが内出血しています。
    眼鏡でも隠せない位置なので少しショック…。様子をみて病院に行ってみようと思います。

    デリケートな部分だからトラブルが心配

    アイブロウのピアスホールは、完成するまでだいぶ期間が必要ですね。私の場合、半年以上まだ様子を見ています。
    デリケートな部分だから、感染が心配。毎日じっくりケアしてます~。

おすすめの治療は…

感染症や失敗を避けるためにも、特にへそピアスの穴あけには医療機関を利用しましょう。

おすすめの治療は…

へそピアスをあけられるおすすめのクリニックランキング

表参道スキンクリニック

患者さん第一。痛みのない施術を

女性から高い支持を得ている友利新医師が在籍していることでも知られる、表参道スキンクリニック。表参道スキンクリニックでは、患者さんの安全を第一に考えてピアスの穴あけを行っています。
純チタンを使った医療用ピアスやアレルギーの方にも安心のシリコン樹脂ピアスなどをご用意。必要に応じて局所麻酔などを使用し、ほとんど痛みを感じることなく安全にピアスの穴をあけることができます。

料金 10,000円

城本クリニック(新宿院)

安全第一、経験豊富な医師が治療を担当

全国に27院展開し、25年以上の歴史を誇る城本クリニック。充実のカウンセリング、アドバイス、しっかりしたアフターケアシステムを整え、経験豊富な医師達が安全を第一に考えた施術を行っています。
ピアスの穴あけは、専用のピアッサーを使用して行います。ご希望の位置にマーキングして、消毒後数分で終了。麻酔は使用しませんが、治療後の腫れはほとんどありません。耳をはじめ、ボディピアスの穴あけも行っています。

料金 10,000円(税別)

共立美容外科

患者さんの立場に立った施術がモットー

共立美容外科は患者さんと十分なコミュニケーションをとり、クオリティの高い、患者さんの立場に立った美容外科治療をモットーとしています。
ピアスの穴あけは、医療用のニードルで行います。へそピアスは患者さんのへその形に合ったバランスの良いデザインを考案。経験豊富なドクターが施術を行い、炎症や化膿などのトラブルを防ぎます。痛みに不安がある方には、テープ麻酔を用意。あける際の痛みをなくすことができます。

料金 11,000円(税別)※消毒代込み