HOME » お悩み別おすすめ美容皮膚科ランキング » シミ・そばかす・肝斑

お悩み別おすすめ美容皮膚科ランキングシミ・そばかす・肝斑

シミ取りを得意とする美容外科で、自慢の素肌に

年齢を重ねるごとに気になり始める、シミやそばかす、肝斑。若々しさを保つためにも、これらができる原因や改善法などを知っておきたいですね。

こちらでは、シミ・そばかす・肝斑について、そして治療できる美容外科をご紹介します。

シミ・そばかす・肝斑
4階
なやみ

シミ・そばかす・肝斑

  • 肝斑は左右対称に両頬に沿って現れるのが特徴

    主に40歳以降の人に多く見られ、紫外線が当たりやすい顔や手の甲などに、直径数ミリ~数センチの大きさで斑状に現れるものを、シミといいます。一般的に言われているシミとは、「老人性色素斑」のこと。メラニンが蓄積されることで現れるため、地肌の色よりも濃く見えます。

  • そばかすは思春期や外部からの刺激で増える

    目元のまわりや、頬の上部に小さく散らばるようにしてできる茶色い斑点を、そばかすといいます。春から夏にかけて色が濃くなるのが特徴です。大きく分けて、思春期に増える先天的なものと、外部からの刺激が主な原因の、後天的なものがあります。

  • 肝斑は左右対称に両頬に沿って現れるのが特徴

    主に、30代~40代の女性に多く見られる薄茶色のシミを、肝斑といいます。頬や鼻の下などに左右対称に、のっぺりと現れるのが特徴です。中でも、目の下を縁取るように現れるケースが多いようです。

  • シミができる原因

    紫外線を長年浴び続けていると、メラニンが過剰に作り出されるようになります。通常、肌の生まれ変わりであるターンオーバーによってメラニンは外部へ押し出されるのですが、何らかの理由でターンオーバーが乱れがちになると、メラニンが排出されず皮膚内部に蓄積し、シミとなります。

  • そばかすができる原因

    思春期に増える先天的なものもありますが、後天的なものは主に活性酸素の発生が発端となっています。外部からの刺激によりメラノサイトが刺激を受けたことで、メラニン色素が増殖し、そばかすが発生します。

  • 肝斑ができる原因

    肝斑ができる原因は、実はまだはっきりと断定されてはいません。しかし、その特徴から女性ホルモンのバランスの乱れが原因だと言われています。妊娠や経口避妊薬の服用、精神的なストレスから肝斑が発生するケースが多いようです。

シミ・そばかす・肝斑の治療法

  • BBL光治療

    痛みの少ない「キング・オブ・レーザー」

    シミ・そばかすだけでなく、肝斑の治療に有効なのが、BBL(ブロードバンドライト)光治療です。
    アメリカでは「キング・オブ・レーザー」とも呼ばれている業界最高位のレーザー治療法で、光熱エネルギーを照射することで肌の表層と深層に働きかけ、シミやたるみなど様々な肌トラブルを改善します。
    BBL光治療法は痛みやダウンタイムが少なく、治療後はメイクをして帰れるほど。ダウンタイムがとれないけど確実な治療を受けたい、という方にぴったりですね。

    シミへの効果が高い治療だと思います

    細かいシミが目立つため、反応を見ながら光の強さや波長を調整してもらいました。治療の3日後には少し濃くなりましたが、2週間後には薄くなっていてびっくりです。確かに効果は高いです。

    周りにはバレない治療法で肌キレイ!

    くすみ気味だった肌にハリが戻りました!友達からも肌がキレイになったとか、色白になったとか言われてハッピーです。
    美容外科で治療を受けたことがバレないのがいいですね!

  • イオン導入

    治療効果をより高める施術法としても人気

    皮膚には、外部からの刺激から皮膚を守るためにバリアゾーンと呼ばれる層が存在します。バリアゾーンが存在することで、有効成分の肌への吸収も妨げられてしまっています。
    そこで、微弱な電気の力により、肌のバリアゾーンを抜けて有効成分を皮膚の深部にまで浸透させる治療法が、イオン導入です。
    一般的な美容液などに含まれている有効成分が30~100倍以上皮膚に浸透することがわかっており、シミ、にきび、毛穴の引き締めなど、様々な肌の悩みに効果を発揮してくれます。

    治療をあきらめていた肝斑にも効果が

    肝斑にも効果があるということで、何度か受けてみました。半信半疑でしたが、確かに肝斑が薄くなってる!肌全体の色も明るくなってきて、若返った気がします。

    治療後、もちもち肌になりました!

    背中のシミが気になりイオン導入を受けてみたことろ、治療後、もちもちのつるつるになりました。
    やはり他の治療と併用した方が効果が高まりそうなので、顔のイオン導入はケミカルピーリングと一緒に受ける予定です。

  • Qスイッチルビーレーザー

    狙ったシミやあざを、高い吸収率で除去

    皮膚内部のメラニン色素が原因となっているシミ、あざの治療法として登場したのが、Qスイッチルビーレーザーです。光エネルギーが特定の色素に反応して吸収される性質上、ターゲットとなる色素以外の正常な皮膚にはダメージを与えることはありません。
    色の濃いものからある程度薄いものまで幅広く対応しますが、肝斑はかえって濃くなってしまう恐れがあるので、肝斑治療には用いられないのが一般的です。

    かさぶたのようにシミがぽろりと消える

    あまりダウンタイムはないと思っていたけど、一週間くらいは真っ黒なかさぶたになるので覚悟しておいた方がいいかも。
    ただ、その分効果はありました!かさぶたがぽろっと取れる要領でシミもなくなりました。

    すっかりシミがキレイになりました

    化粧品では全然薄くならず、口コミで好評だったQスイッチルビーレーザーを受けてみることに。
    かさぶたが剥がれた後は赤みが残りましたが、4ヶ月くらいでキレイになりました。早く受ければ良かった!

  • レーザート―ニング

    肝斑にも有効な、画期的なレーザー治療

    非常に弱い力を均一に肌にレーザーを当てて、メラニンを少しずつ減らしていく治療法が、レーザートーニングです。メラノサイトを活性化させないことで、今までレーザー治療では困難だった肝斑の治療にも有効。シミ・そばかす・肝斑など、色素性の病変を治療することができます。
    波長が長く皮膚の奥深くまでレーザー光が届くことで、コラーゲンを生成。治療回数を重ねるごとにキメの整った肌へと導き、美肌効果も高まります。

    5回受けて肌が明るくなりました

    ただのシミだと思っていたら肝斑で、レーザートーニングを受けることになりました。
    5回受けた辺りで、肌が明るくなってきました。やって良かったけど、出力が低い分、長い目で見る必要はあるかなと思います。

    続けることが大切なので頑張ります

    内服薬やフォトを受けていましたが良くならず、レーザートーニングにたどり着きました。
    思ったよりもぴりぴりしたかな。化粧ノリは良くなりました。続けることが大切だと先生がおっしゃっていたので、頑張って続けます!

おすすめの治療は…

有効な治療法はたくさんありますが、治療法によっては肝斑が濃くなってしまう可能性もあるようです。

シミと肝斑が混在していることもあるので、キング・オブ・レーザーともいわれるBBL光治療が、効果的かつ安心な治療法だといえるでしょう。

おすすめの治療は…

BBL光治療が受けられるおすすめのクリニックランキング

表参道スキンクリニック

高いレーザー技術を誇る、表参道の美容外科

表参道スキンクリニックは、レーザー系治療などの美容皮膚科をはじめ、痛みや不快のない治療を提供している美容外科です。
患者さん一人に対して、一名の専属スタッフがつき、クリニックでのお出迎えからお見送りまでをエスコート。ラグジュアリーな空間でくつろいだ時間を堪能できます。
完全個室での丁寧なカウンセリングに定評があり、じっくりと診療をすることでシミの種類などを見極め、一人ひとりに適した治療法を提案してくれます。

料金 初回 20,000円(税別)

池本形成外科・美容外科

東京郊外にある新進気鋭のクリニック

立川駅にある池本形成外科・美容外科は、2015年に開設した新しいクリニックです。最新鋭の設備はもちろん、内装も非常にキレイなので、来院者の方から好評です。
池松院長は長年にわたり形成外科診療に関わってきたドクターで、施術をしっかり結果にコミットさせる「エステティック・マインド」の精神を標榜しています。
BBL光治療時は、敏感肌の方も施術を受けられるよう、クリームによる局所麻酔もしてくれます。

料金 21,600円(税別)

ようこ皮膚科クリニック

皮膚科専門医による安心の治療が魅力

皮膚科専門医の資格を持ち、様々な皮膚疾患の見識に富む女性院長が手掛けるクリニック。美容医療も保険医療の延長線上という考えを持ち、ダウンタイムや施術のリスクなどをしっかりと説明し、患者さん第一の姿勢で美容医療に取り組まれています。
ヒアルロン酸やボトックスなどの注入施術で有名なクリニックですが、最新のフォトフェイシャルであるBBL光治療も導入しています。六本木交差点のすぐ近くという立地も◎。

料金 BBL光治療(サイトンレーザー) 29,800円(税別)