HOME » お悩み別おすすめ美容皮膚科ランキング » シミ・そばかす・肝斑

お悩み別おすすめ美容皮膚科ランキングシミ・そばかす・肝斑

シミ取りを得意とする美容外科で、自慢の素肌に

年齢を重ねるごとに気になり始める、シミやそばかす、肝斑。若々しさを保つためにも、これらができる原因や改善法などを知っておきたいですね。

こちらでは、シミ・そばかす・肝斑について、そして治療できる美容外科をご紹介します。

シミ・そばかす・肝斑
4階
なやみ

シミ・そばかす・肝斑

  • 肝斑は左右対称に両頬に沿って現れるのが特徴

    主に40歳以降の人に多く見られ、紫外線が当たりやすい顔や手の甲などに、直径数ミリ~数センチの大きさで斑状に現れるものを、シミといいます。一般的に言われているシミとは、「老人性色素斑」のこと。メラニンが蓄積されることで現れるため、地肌の色よりも濃く見えます。

  • そばかすは思春期や外部からの刺激で増える

    目元のまわりや、頬の上部に小さく散らばるようにしてできる茶色い斑点を、そばかすといいます。春から夏にかけて色が濃くなるのが特徴です。大きく分けて、思春期に増える先天的なものと、外部からの刺激が主な原因の、後天的なものがあります。

  • 肝斑は左右対称に両頬に沿って現れるのが特徴

    主に、30代~40代の女性に多く見られる薄茶色のシミを、肝斑といいます。頬や鼻の下などに左右対称に、のっぺりと現れるのが特徴です。中でも、目の下を縁取るように現れるケースが多いようです。

美肌の敵!シミ・そばかす・肝斑の原因は?

シミ・そばかす・肝斑は、一見、似ているようにも思えますが、原因はそれぞれ違います。正しい原因を知ることが予防と対策の第一歩。美肌作りの基本として、各症状の原因をしっかり押さえておきましょう。

  • シミの原因は紫外線

    シミの主な原因は紫外線です。紫外線には肌の細胞を壊す働きがあるのですが、この働きを阻害するために、肌の内部ではメラニンと呼ばれる黒い物質が生成されます。メラニンによって肌を黒くすることで、紫外線の有害な働きから肌を守るのです。これが、いわゆる「日焼け」という現象です。生成されたメラニンは、肌のターンオーバーのサイクルに合わせて、徐々に消えていくのが一般的。ところが紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰に生成されてしまった場合、一部が肌に残ってしまうことがあります。この残ったメラニンが、シミの正体です。ほかにも、活性酸素や炎症(湿疹やニキビ)の影響によるメラニンの過剰生成も、シミの要因として指摘されています。

  • そばかすの原因は遺伝か紫外線

    そばかすには、先天性のものと後天性のものとがあります。先天性のそばかすの原因は、主に遺伝です。子供から思春期にかけて目立ち始め、その後、年齢とともに消えていくことが大半です。後天性のそばかすの原因は、主に紫外線です。紫外線によるシミの生成と同じプロセスで、メラニンがシミではなくそばかすとなって残ってしまうのです。後天性のそばかすは、先天性とは異なって、消えにくいと言われています。先天性、後天性、いずれのそばかすでも、状態を悪化させる最大の要因は紫外線。加えて、肌に合わないスキンケアや、喫煙週間、過度の飲酒、ストレス、栄養不良、睡眠不足なども、体内に活性酸素を増加させてメラニンの生成を加速させます。

  • 肝斑の原因はホルモンバランスの乱れ

    肝斑の原因はまだ明確にされていません。ただ、女性ホルモンのプロゲステロンの乱れが、肝斑に大きく関わっているのではないかと言われています。肝斑が現れる主な層は30代~50代の女性。この間、ピルの服用をきっかけに肝斑を発症する例が多く見られます。また閉経すると肝斑が消えるなど、プロゲステロンとの関連を裏付けるいくつかの証拠が確認されています。なお、紫外線は肝斑を発症する直接的な原因ではありませんが、症状を悪化させる大きな要因にはなります。また誤ったスキンケアや過度な摩擦、ストレス、偏食、睡眠不足、ビタミンCやビタミンEの不足なども、肝斑を悪化させる要因として指摘されています。

シミやそばかすを治療するなら美容皮膚科がおすすめ

シミやそばかすに効くとされる市販薬や化粧品をよく見かけます。どの商品も一定のシミ消し効果は期待できると思いますが、どんな人のどんなシミにも効き目があるというわけではないようです。美容皮膚科での治療との違いを明確にしておきましょう。

  • 市販薬で効果がでにくいのはなぜ?

    シミには様々な種類があります。老人性色素斑、そばかす、肝斑、色素沈着、太田母斑などです。これらのシミの原因はそれぞれ異なるため、市販薬を買う際には、シミの種類に合った薬を選ばなければなりません。しかしながら、素人が自分のシミの種類や原因を特定することは極めて困難。合わない薬を買ってしまったがために効果を実感できない、という人も多いようです。一方、美容皮膚科では、まずシミの種類が何なのかを医師が特定します。そのうえで、そのシミにふさわしい治療法や薬を提供してくれるので、ムダがなく確実に効果があがります。シミが気になる方は、一刻も早く除去したいとお考えでしょう。市販薬では回り道になってしまう可能性もあるので、皮膚科や美容皮膚科で診療してもらうことをおすすめします。

  • 結局皮膚科の方が安い?市販の化粧品と比較

    シミ消し用の化粧品の中には、数百円程度で購入できるものもあります。中にはそれでもシミが薄くなる人がいるかも知れませんが、多くの人に効果が出るかどうかは、はなはだ疑問です。化粧品でシミを消すならば、2万円や3万円などの、ある程度高価で信頼のできる商品を選ぶべきでしょう。ただし、どれほど高価な化粧品だったとしても、それが自分のシミの種類に合っているかどうかは別問題。「ちょっと試しに購入してみる」には、2万円、3万円は大きすぎる金額ではないでしょうか?市販の化粧品でシミを消す場合、美容皮膚科で治療してもらうのと同じくらいの費用、またはそれよりも高い費用がかかる可能性があります。結局、費用も効果も美容皮膚科のほうがお得だった、ということにもなりかねません。

シミ・そばかす・肝斑の治療法

  • YAGレーザー(ジェネシス)

    ダウンタイムの少ないレーザー

    YAGレーザー(ジェネシス)とは、シミやそばかす、くすみ、色素沈着、ニキビ跡の改善や、コラーゲンの生成促進による美肌効果など、様々な効果が期待できるレーザー機器。レーザーの波長が1064nmと長く、肌の奥深くまでレーザーの作用が届く仕組みとなっています。そのため肌表面のシミはもとより、皮膚に深く沈着したシミの除去にも効果が期待できます。レーザー照射中の痛みはほとんどありません。ダウンタイムもないので、誰でも気軽に受けられるシミ治療として、全国の多くのクリニックで採用されています。目の下のクマを改善させるための機器としても、よく知られています。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • Qスイッチルビーレーザー

    狙ったシミやあざを、高い吸収率で除去

    Qスイッチルビーレーザーとは、シミやアザ、そばかすなど、肌表面のメラニンを効果的に除去するレーザー機器。周囲の正常な細胞を傷つけずに、シミやそばかすだけにピンポイントで作用するため、安全性が高い治療法とされています。レーザーを照射されたシミは、数日後にかさぶたになります。かさぶたをはがさないように慎重に過ごしていると、ある日、ポロッと剥がれ落ちます。同時にシミが除去される、といった仕組みです。なお、一般的なシミ(老人性色素班)の除去には高い効果を発揮しますが、肝斑の除去には効果がありません。むしろ肝斑が濃くなってしまうこともあります。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • 炭酸ガスレーザー

    ホクロやシミによく効くレーザー

    炭酸ガスレーザーとは、ホクロやシミなどの除去に効果的なレーザー機器。平坦なホクロやシミの除去にも効果的ですが、特に盛り上がったホクロ・シミの除去には高い効果を発揮します。一般に「レーザーメス」と呼ばれる機器は、炭酸ガスレーザーのことを指しています。メスで切除する代わりに、レーザーによって病変を蒸発させる施術法のため、通常は麻酔が必要です。小さなシミであれば表面麻酔で良いのですが、深さのある大きなホクロの場合には、注射による麻酔が必要になることもあります。施術後には、シミやホクロのあった部分に穴が開き、ジュクジュクとした傷になります。その後、およそ1週間~10日程度で皮膚が再生しシミがなくなります。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • フォトフェイシャル

    光治療の定番

    フォトフェイシャルとは、シミやそばかす、赤ら顔、炎症後の色素沈着などの改善に効果的な光治療法のこと。IPL(インテンス・パルス・ライト)という種類の光を肌にあてることでメラニンにダメージを与えて色素を除去します。レーザーとは異なり、光は皮膚の広い範囲に照射されますが、光の作用が反応するのはメラニンだけ。周辺の正常な細胞組織にはダメージを与えないので、安全な治療法とされています。施術する際には、まずクーリングのためのジェルを肌に塗布。その後IPLを10分程度照射して終了です。痛みはほとんどなく、当日に化粧をして帰ることも可能です。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • フォトRF(オーロラ)

    深部のシミまで除去できる

    フォトRFとはフォトフェイシャルの一種で、シミやそばかす、赤ら顔、炎症後の色素沈着などの改善に効果的な光治療法のこと。オーロラとは、フォトRFで使用されている光治療器の名称です。ベーシックなフォトフェイシャルと同様に、IPLという光が照射されることでシミやそばかすなどを改善していきますが、フォトRFでは、IPLに加えてRFという高周波エネルギーも同時に肌に働きかけます。RFには肌の奥深くまで届く性質があるため、肌の深部にあるシミの除去にも効果を発揮します。シミのタイプにもよりますが、2~3週間に一度の治療を複数回行なうことが必要。施術が終わるまでにある程度の期間が必要です。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • BBL光治療

    痛みの少ない「キング・オブ・レーザー」

    BBL光治療とはフォトフェイシャルの一種で、シミやそばかすなどの色素性病変から毛細血管拡張による血管性病変、さらに、くすみや赤ら顔などの改善に効果的な光治療法です。肌の深部まで到達するBroad Band Lightという特殊な光を使用することから、その足ら文字を取ってBBL光治療と名付けられました。施術後、肌表面がほてった感じになりますが、数時間程度で治まるのでダウンタイムはないと考えて良いでしょう。5回程度の施術で、シミやそばかすは劇的に改善します。なお、BBLの光には脱毛効果もあります。顔に照射することでシミやくすみなどが取れるだけでなく産毛も除去されるので、顔が一層明るくなります。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • Eライト

    様々なシミのお悩みに対応

    Eライトとはフォトフェイシャルの一種で、シミやくすみ、そばかす、小じわなどの改善に効果的な光治療法。IPLとRFの両機能を搭載したオーロラに、最新型ヘッドのSRAを装着可能にした光治療器です。スタンダードな光治療器では、濃いシミを除去することができるものの、薄いシミを除去するのが難しいとされてきました。この欠点を補うのが新型ヘッドのSRA。患者の肌質やシミ、そばかすの状態に合わせて設定を細かく調整できるヘッドなので、薄いシミや、出来てから年数の経っていないシミなど、様々なタイプのシミの除去が可能となりました。ダウンタイムもほとんどなく、施術当日は化粧をして帰宅することもできます。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • ライムライト

    日本人の肌に合わせられた光治療

    ライムライトとは、シミやくすみ、そばかすなどの色素性病変を全体的に改善する光治療器。日本人の肌質・肌の色でも高いシミ消し効果が出るよう、日本人医師が独自で開発しました。従来のスタンダードな光脱毛器は、その多くが欧米製。白人の肌質・肌の色に合わせて作られていたため、人によっては十分なシミ消し効果が得られないこともありました。ライムライトの登場により、特に日本人に多いとされる薄いシミやそばかすも、スムーズに除去できるように。施術中の痛みもほとんどなく、肌への不要なダメージもありません。毛穴の開きや小じわの改善効果も期待できます。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • アキュチップ

    施術時間が短いのも魅力

    アキュチップとは、色の薄いシミやそばかす、また、茶色がかった色素性病変などの改善に効果的な治療器。光の波長が500~635nmとメラニン色素とヘモグロビンの両方に反応しやすい範囲のため、色の薄めのシミの他にも、毛細血管拡張症による赤みやニキビ跡の改善にも高い効果を発揮します。シミの大きさにもよりますが、施術時間は10分程度と短め。簡単なシミであれば1回の施術で終わります。光照射による痛みは、ほとんどありません。施術直後はシミが濃くなったように見えますが、1週間程度で自然に剥がれ落ちでシミが除去されます。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • グリコール酸

    ターンオーバーを急速に促す

    サリチル酸とは、クリニックのピーリングで使われている薬剤の一種。肌の表面にできた薄いシミを除去したり、くすみを改善したりする効果が期待できます。 サリチル酸が浸透した角質は、徐々に柔らかくなって溶けていきます。これに伴って肌表面の薄いシミも除去されていく、といった仕組みです。毛穴の角栓や黒ずみも一緒に溶解するので、ピーリング後はワントーン明るい顔になるでしょう。なお、サリチル酸によるピーリング後は、肌の表面が削り取られた状態になっているため、急速にターンオーバーが進みます。結果として、シワやたるみを解消する効果も期待できると言われています。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • ビタミンC導入

    美肌だけじゃない!シミの生成もおさえる

    イオン導入によってビタミンCを肌に浸透させることで、シミの予防や改善効果、美白効果、コラーゲン生成の促進効果などが期待できます。シミの原因となるメラニンは、突然生まれるわけではありません。アミノ酸の一種であるチロシンがドーパという物質に変化し、ドーパがドーパキノンという化合物に変化し、ドーパキノンがアミノ酸と結合してメラニンになります。ビタミンCには、この一連のプロセスをブロックする働きがあります。その結果、メラニンの生成を抑えてシミをできにくくしたり、濃いシミを薄くしたりすると言われています。また、ビタミンCが持つ強力な活性酸素除去効果も、シミの生成を抑える大きな役割を果たしています。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • グリシルグリシン導入

    毛穴の開きに有効なイオン導入

    イオン導入によってグリシルグリシンを肌に浸透させることで、毛穴の開き、シミ、ニキビ跡、肌荒れなどの改善効果が期待できます。特に、毛穴の開きを縮小させる効果で知られる成分です。グリシルグリシンが肌に浸透すると、角質細胞のイオンバランスが正常化し、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が促進されます。その結果、毛穴の縮小やシミの改善・予防に役立つといったプロセスです。なお、グリシルグリシンとはグリシンというアミノ酸から生まれた成分。分子量が小さく肌に浸透しやすいため、一般的な化粧品にもよく配合されています。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • トランサミン導入

    改善だけでなく予防もできる

    トランサミンをイオン導入で肌に浸透させることによって、シミ、そばかす、肝斑などの予防・改善効果が期待できます。 肌内部でメラニンが生成される際、メラニンにとって不可欠なプロスタグランジンなどの物質が生まれます。これらの物質の働きをブロックするのがトランサミンの働き。結果、メラニンの生成が阻害され、シミやそばかす、肝斑などの色素性病変が抑えられるといったメカニズムです。肝斑を改善させる数少ない治療法の一つとして、非常に注目されています。なおトランサミンは、同じく美白効果で知られるトラネキサム酸の別名です。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • 炭酸パック

    小さな分子が肌の奥まで届く

    炭酸パックには、シミ、くすみ、しわ、たるみなどの症状を改善させる効果があると言われています。炭酸とは、水の中に二酸化炭素が溶け込んだもの。分子量がとても小さいので、肌に浸透しやすいのが特徴です。 炭酸が肌から浸透して血管まで到達すると、血液中の二酸化炭素濃度が上昇。体は「酸欠」と判断し、毛細血管が拡張して血流が増加します。つまり血行が良くなります。血行が良くなれば肌のターンオーバーが促されるため、シミやくすみ、しわなどの症状が改善していくといったメカニズムです。 ターンオーバーが活性化することで、肌のうるおい機能も改善。シミの除去とともに、若々しいハリのある肌も手に入れることができます。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • 外用薬 ハイドロキノン

    圧倒的美白に!肌の漂白剤と呼ばれる外用薬

    ハイドロキノンには、シミ、そばかす、肝斑などのあらゆる色素性病変を予防・改善する効果があるとされています。別名「肌の漂白剤」です。 ハイドロキノンは、メラニンを生成する中心的な細胞「メラノサイト」に直接作用。メラニンの生成を著しく減少させることにより、様々な色素性病変を改善させます。 ただし、効果が見られるのは皮膚の表面のシミや肝斑のみ。真皮まで入り込んだ色素には効果が期待できません。 なお、ハイドロキノンは麦芽やイチゴに含まれる天然成分なのですが、あまり作用が強いため、2000年までは医師のみが処方を許されている成分でした。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • 外用薬 トレチノイン

    ニキビから小じわまで小さな悩みを解決

    トレチノインには、メラニンを原因として生成されたシミやそばかすの除去効果や、ニキビやシワの改善効果があるとされています。 トレチノインの最大の特徴は、その強力なターンオーバー促進作用。皮膚の新陳代謝を強く推し進め、表皮に沈着したメラニンを外へと排出します。 あわせてトレチノインには、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す作用もあるため、肌にハリとツヤを生み出したり、小じわを改善したりする効果も期待できます。 シミやそばかすの除去とあわせて、トレチノインは究極のアンチエイジング成分と言えるでしょう。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • 内服薬 アスコルビン酸(ビタミンC)

    お肌のハリをアップさせたいならアスコルビン

    ハアスコルビン酸(ビタミンC)を内服することで、シミやそばかすの予防・改善効果や、肌のハリをアップさせる効果などが期待できます。 シミやそばかすの原因となる物質はメラニン。メラニンは、アミノ酸の一種であるチロシンという物質が変化して生成されるものですが、アスコルビン酸には、このチロシンの働きを阻害する作用があります。その結果、メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすのできにくい肌を作り上げるのです。同時にアスコルビン酸には強い抗酸化作用があるため、すでにできてしまったシミやそばかすを薄くする作用も期待できます。

    シミ
    肝斑
    そばかす
  • 内服薬 トラネキサム酸

    定番の美肌薬と言えばコレ

    内服薬のトラネキサム酸には、シミやそばかす、肝斑などの予防・改善効果があると言われています。 シミやそばかすの原因となるメラニンは、その生成過程で、プロスタグランジンなどのいくつかの成分と関わります。トラネキサム酸にはこれらの成分の働きをブロックする作用があるため、結果としてメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすなどの発生を予防するとされています。すでにある色素性病変の改善にも効果的です。シミやそばかすを改善させる治療法は様々ありますが、肝斑を改善させる治療法はごく僅か。その意味でトラネキサム酸は貴重な薬として注目されています。

    シミ
    肝斑
    そばかす

結局どれがおすすめ?おすすめの治療法は…

おすすめの美肌治療と言えばBBL光治療でしょう。シミ、シワ、肝斑。これらの悩みって同時進行だったり、どれかが治ったら別のものが悪化した~なんてことがありがちですよね。それに治療法によっては「シミには有効だけど、肝斑にはNG」というパターンもあります。

キング・オブ・レーザーと呼ばれるBBL光治療は全てに対応しているので、悩み多き女子には間違いなくおすすめでしょう。比較的新しい治療方ですが、その効果から人気を博しているため、徐々に取り入れる美容皮膚科も増えてきました。

下記では、人気のBBL光治療が受けられるおすすめのクリニックを紹介します!

おすすめの治療は…

BBL光治療が受けられるおすすめのクリニックランキング

表参道スキンクリニック

高いレーザー技術を誇る、表参道の美容外科

表参道スキンクリニックは、レーザー系治療などの美容皮膚科をはじめ、痛みや不快のない治療を提供している美容外科です。
患者さん一人に対して、一名の専属スタッフがつき、クリニックでのお出迎えからお見送りまでをエスコート。ラグジュアリーな空間でくつろいだ時間を堪能できます。
完全個室での丁寧なカウンセリングに定評があり、じっくりと診療をすることでシミの種類などを見極め、一人ひとりに適した治療法を提案してくれます。

料金 初回 20,000円(税別)

池本形成外科・美容外科

東京郊外にある新進気鋭のクリニック

立川駅にある池本形成外科・美容外科は、2015年に開設した新しいクリニックです。最新鋭の設備はもちろん、内装も非常にキレイなので、来院者の方から好評です。
池松院長は長年にわたり形成外科診療に関わってきたドクターで、施術をしっかり結果にコミットさせる「エステティック・マインド」の精神を標榜しています。
BBL光治療時は、敏感肌の方も施術を受けられるよう、クリームによる局所麻酔もしてくれます。

料金 21,600円(税別)

ようこ皮膚科クリニック

皮膚科専門医による安心の治療が魅力

皮膚科専門医の資格を持ち、様々な皮膚疾患の見識に富む女性院長が手掛けるクリニック。美容医療も保険医療の延長線上という考えを持ち、ダウンタイムや施術のリスクなどをしっかりと説明し、患者さん第一の姿勢で美容医療に取り組まれています。
ヒアルロン酸やボトックスなどの注入施術で有名なクリニックですが、最新のフォトフェイシャルであるBBL光治療も導入しています。六本木交差点のすぐ近くという立地も◎。

料金 BBL光治療(サイトンレーザー) 29,800円(税別)