TOP » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み事典 » シミ
美容皮膚科で受けられるシミ治療

シミ取りを得意とする美容皮膚科で、自慢の素肌に

年齢を重ねるごとに目立っていくシミ。30代以降の女性が抱える肌のお悩みとしては、最も多いものではないでしょうか。事実、美容皮膚科でもシミ治療に訪れる女性の数はとても多いのです。

ここでは、シミができるメカニズムやシミの種類、治療法、そしておすすめの美容皮膚科をご紹介します。若々しさを保つために、シミを治療して自慢の素肌を手に入れましょう。

シミ
4階
なやみ

美肌の敵!シミとは

シミとは、皮膚にメラニンが蓄積されることによって生じる、茶褐色や淡褐色の色素斑のことです。主に紫外線が原因とされ、日光が当たりやすい頬や手の甲などに、直径数ミリから数センチの大きさで生じます。老若男女を問わずできる「雀斑(そばかす)」や、女性の頬に左右対称に生じる「肝斑(かんぱん)」などの種類がありますが、一般的に「シミ」という場合、「老人性色素斑」のことを指します。30代後半以降の女性に多いのが特徴です。

シミの原因

シミの主な原因は紫外線です。紫外線には肌の細胞を壊す働きがあるのですが、この働きを阻害するために、肌の内部ではメラニンと呼ばれる黒い物質が生成されます。メラニンによって肌を黒くすることで、紫外線の有害な働きから肌を守るのです。これが、いわゆる「日焼け」という現象です。生成されたメラニンは、肌のターンオーバーのサイクルに合わせて、徐々に消えていくのが一般的。ところが紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰に生成されてしまった場合、一部が肌に残ってしまうことがあります。この残ったメラニンが、シミの正体です。ほかにも、活性酸素や炎症(湿疹やニキビ)の影響によるメラニンの過剰生成も、シミの要因として指摘されています。

シミの種類

シミの多くは「老人性色素斑」ですが、これ以外にも様々な種類が存在します。シミを治療する際は、自分のシミがどの種類かしっかり見極めることが大切です。
ここでは、それぞれのシミの種類別の特徴や、セルフチェック項目について紹介していきます。

  • 老人性色素斑

    最も一般的なシミです。「日光性色素斑」や「日光性黒子」とも呼ばれます。直径数ミリから数センチと幅広く、形も様々。30代後半以降に増え始めます。主な原因は紫外線で、日光があたりやすい頬の他、肩や腕、手の甲などに見られます。

    進行すると…

    シミの部分はメラニンが正常に排出されていない状態にあるため、紫外線がたまっていき、徐々に濃く、大きくなっていきます。さらに、一部が盛り上がり、脂漏性角化症に変化することもあります。自然に消えることはありません。

    CHECK
    褐色 形や大きさはバラバラ 左右非対称 紫外線を浴びることが多い 過去に紫外線を浴びることが多かった
  • 肝斑

    主に、30代~40代の女性に多く見られる薄茶色のシミを、肝斑といいます。生じる部位は主に頬で、左右対称にのっぺりと現れます。目のまわりを縁取るように生じるのが特徴です。他のシミとは治療法が異なるので注意しましょう。

    進行すると…

    紫外線の他、ストレスがたまったり、ホルモンバランスが崩れたりすることで悪化することもあります。放置してシミなどが併発した場合は治療が難しくなるので、早めにクリニックを受診するのがおすすめです。

    CHECK
    30代以降にできた 妊娠中にできた 左右対称 色が薄い 広範囲に色がついている 経口避妊薬を飲んでいる
  • 雀斑(そばかす)

    鼻の上や頬の上部に、小さく散らばるようにしてできる茶色い斑点を、そばかすといいます。春から夏にかけて色が濃くなるのが特徴です。大きく分けて、3歳頃から生じる先天的なものと、外部からの刺激で生じる後天的なものがあります。

    進行すると…

    思春期までに生じたそばかすは徐々に薄くなっていきますが、大人になってからできたそばかすは自然には消えません。他のシミと同様に、紫外線を浴びるとさらに濃くなることもあります。

    CHECK
    直径3mm程度 左右対称 肌が白い 子どものころからある 家族にもある 顔全体に散らばっている
  • 炎症後色素沈着

    ニキビや虫刺されといった肌の炎症が治ったあとに生じるシミです。摩擦によって生じることもあります。皮膚がダメージを受けた結果、色素沈着が起こり、褐色や黒褐色のシミが残ります。年齢や性別は関係なく、誰にでも起こりうるシミです。

    進行すると…

    ケガや摩擦などによる一時的な炎症後色素沈着であれば、時間が経つにつれて徐々に消えていきます。しかし何年にもわたってとどまり続けるケースも少なくありません。紫外線を浴びるとさらに濃くなるため、注意が必要です。

    CHECK
    左右非対称 ニキビや湿疹のあとにできた 虫刺されや火傷のあとにできた 顔をこすりがち 形や大きさはバラバラ
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

    「真皮層」と呼ばれる皮膚の深部に生じるシミです。30代以上の女性に多く見られます。色は褐色をはじめ、やや青みがかったものや灰色のものが中心。頬や目の周囲に左右対称に生じるため、肝斑と間違えられることもあります。

    進行すると…

    ADMが生じるのは皮膚の深部になるため、ターンオーバーによって薄くなるには5~8年もの長い期間が必要です。この間にメラニンの蓄積により濃さが増し、肝斑などが併発すると治療が難しくなるため、早めの治療が理想です。

    CHECK
    直径3mm程度 左右対称 頬などに集中的に生じている、または鼻翼部にできている やや青みを帯びている 痣のような見た目
  • 脂漏性角化症

    別名「老人性いぼ」とも呼ばれ、高齢者の多くに見られる良性の皮膚腫瘍です。男女を問わず、30代ほどから現れはじめます。体のあらゆる部位に生じますが、紫外線を浴びやすい顔に多くなっています。摩擦によって生じることもあります。

    進行すると…

    徐々に硬さが増していき、膨らみも大きくなっていきます。腫瘍化し癌になることは基本的にありませんが、脂漏性角化症が短期間に急増したり、かゆみを感じたりする場合は、悪性の内臓腫瘍が生じている可能性があります。

    CHECK
    濃い褐色 左右非対称 直径3mm~1cm程度 やや隆起している 触ると硬い 表面がザラザラしている

シミを治療するなら美容皮膚科がおすすめ

シミやそばかすに効くとされる市販薬や化粧品をよく見かけます。どの商品も一定のシミ消し効果は期待できると思いますが、どんな人のどんなシミにも効き目があるというわけではないようです。美容皮膚科での治療との違いを明確にしておきましょう。

  • 市販薬で効果がでにくいのはなぜ?

    シミには様々な種類があります。老人性色素斑、そばかす、肝斑、色素沈着などです。これらのシミの原因はそれぞれ異なるため、市販薬を買う際には、シミの種類に合った薬を選ばなければなりません。しかしながら、素人が自分のシミの種類や原因を特定することは極めて困難。合わない薬を買ってしまったがために効果を実感できない、という人も多いようです。一方、美容皮膚科では、まずシミの種類が何なのかを医師が特定します。そのうえで、そのシミにふさわしい治療法や薬を提供してくれるので、ムダがなく確実に効果があがります。シミが気になる方は、一刻も早く除去したいとお考えでしょう。市販薬では回り道になってしまう可能性もあるので、皮膚科や美容皮膚科で診療してもらうことをおすすめします。

  • 結局皮膚科の方が安い?市販の化粧品と比較

    シミ消し用の化粧品の中には、数百円程度で購入できるものもあります。中にはそれでもシミが薄くなる人がいるかも知れませんが、多くの人に効果が出るかどうかは、はなはだ疑問です。化粧品でシミを消すならば、2万円や3万円などの、ある程度高価で信頼のできる商品を選ぶべきでしょう。ただし、どれほど高価な化粧品だったとしても、それが自分のシミの種類に合っているかどうかは別問題。「ちょっと試しに購入してみる」には、2万円、3万円は大きすぎる金額ではないでしょうか?市販の化粧品でシミを消す場合、美容皮膚科で治療してもらうのと同じくらいの費用、またはそれよりも高い費用がかかる可能性があります。結局、費用も効果も美容皮膚科のほうがお得だった、ということにもなりかねません。

シミの治療法

ここでは、皮膚科や美容皮膚科で行われているシミの治療について説明します。

レーザー治療・光治療

シミの黒色に反応する光を照射し、メラニン色素を破壊することで、シミを除去する治療法です。周囲の皮膚細胞を傷つけることなく、安全にシミのみを取り除くことができます。レーザーは単一の波長をピンポイントに照射する治療です。一方フォトフェイシャルは複数の波長の光を広範囲に照射し、シミをはじめ小じわや毛穴など、皮膚のトラブルを総合的に改善させる効果があります。また、微弱なレーザー光を均一に肌に照射していき、少しずつ肌の色ムラを整えていく「レーザートーニング」という方法も効果的です。

  • Qスイッチルビーレーザー

    ピンポイントのシミを選択的に除去するレーザー機器。照射時間を短縮することで、照射時のパワーを高めています。安全性が高い反面、シミの種類によっては効果が得られない可能性があります。また、肝斑には逆効果になってしまうので注意が必要です。

  • Qスイッチアレキサンドライトレーザー

    シミやそばかすの原因となる、メラニン色素だけに反応する特殊なレーザーを使用したレーザー機器。照射のあとは肌にかさぶたができ、かさぶたが取れてから1~2週間ほどでシミが徐々に薄まっていきます。シミの濃さや状態によっては、何度か照射を行う必要があります。

  • 炭酸ガスレーザー

    深く濃いシミや、盛り上がりのあるシミに効果的なレーザー治療です。炭酸ガスレーザーで一瞬のうちにシミの細胞を蒸散させ、シミを除去。手術後は1週間から10日間程度のダウンタイムがあります。シミのほか、刺青やホクロ、イボ等の除去にも使われるマシンです。

  • ピコレーザー

    1兆分の1秒という非常に短い単位でレーザーを照射できるピコレーザー。シミ治療のほか、タトゥー除去にも用いられます。衝撃波をともなうレーザーにより、メラニン色素をより細かく破壊できるようになりました。ダウンタイムも比較的短い治療法です。

  • フォトフェイシャル

    特殊な波長の光を均一に照射して、シミを薄くする治療です。シミ以外の部分にはダメージを与えないので、安全な治療法とされています。毛穴や小じわ、赤みなどにも効果があり、ダウンタイムが数時間のみというのもメリットのひとつです。

  • フォトRF

    フォトフェイシャル治療に「RF」という高周波エネルギーをプラスした光治療です。高周波には肌の奥のまで届くという性質があるため、真皮に生じたシミにも効果的です。2~3週間に1度照射することで、少しずつシミが薄くなっていきます。

  • ライムライト

    シミやそばかすを改善するために、日本人医師が独自で開発した光治療。日本人の肌質に合わせて作られており、とくに日本人に多いとされる薄いシミに対して効果的です。治療時の痛みも少なく、肌へのダメージもありません。

  • BBL光治療

    肌の深層部分にまで届く特殊な光を使用して、シミを除去する最新の光治療です。ダウンタイムは数時間程度。他のレーザー治療とは違い、肝斑にも対応可能。シミの種類を問わず照射できるため、「キングオブレーザー」とも呼ばれているマシンです。

薬による治療

内服薬を使って、体の内側からシミにアプローチしていく治療法もあります。また、ハイドロキノンといった、シミの色素沈着を薄める外用薬も効果的です。レーザー治療や光治療と併せてこうした治療薬を用いることで、さらに治療効果を高めることができます。

  • トレチノイン(レチノイン酸)

    ターンオーバーを促進させることで、シミの色素の排出を促す外用薬です。コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すため、小じわの改善にも効果が期待できます。ハイドロキノンと同様、炎症などの副作用があるため、使用法を守りましょう。

  • アスコルビン酸(ビタミンC)

    ビタミンCとして処方されることもある内服薬。シミを引き起こすメラニンのもととなる、「チロシン」の働きを阻害するはたらきがあります。強い抗酸化作用があるため、できてしまったシミを薄くする効果も。シミができにくい肌をつくります。

  • トラネキサム酸(トランサミン)

    シミ消し薬の定番と言える内服薬です。シミが生成される過程で関わるいくつかの成分を阻害し、メラニンの生成を抑制します。シミのほか、肝斑治療に対しても用いられます。ピルを飲んでいる人は服用できないほか、血栓ができやすくなるという副作用があります。

  • 炭酸パック

    炭酸に含まれる二酸化炭素を肌に浸透させ、毛細血管を拡張させる治療です。血行が良くなることでターンオーバーが活性化し、シミが徐々に排出されていくという効果があります。シミのほか、くすみや小じわの解消にも効果的です。

  • サリチル酸

    ピーリングに用いられる薬剤の一種です。肌に浸透して角質を柔らかくし、徐々に溶かしていきます。このときに肌表面のシミの色素も同時に取り除かれていくという仕組みです。真皮には届きませんが、肌表面に生じた薄いシミに効果があります。

  • ビタミンC導入

    イオン導入によりビタミンCを肌の外側から浸透させる治療法です。アミノ酸の一種である「チロシン」という物質がシミへと変化する過程を阻害することで、シミを予防します。すでにできてしまったシミを薄くするためにも効果的です。

  • グリシルグリシン導入

    グリシルグリシンをイオン導入によって肌に浸透させる治療です。グリシルグリシンには、角質細胞のイオンバランスを正常に整えることで、シミのほか、毛穴や肌荒れを改善させる効果があります。一般的な化粧品にも配合される成分です。

  • トランサミン導入

    内服薬としても用いられるトランサミンを、肌の外側から浸透させる治療です。メラニンを生成する物質の働きを妨げ、シミを予防します。シミのほか、肝斑治療としても効果的。様々な種類のシミが複合的に発生していると場合に用いられます。

シミ治療の費用相場

ここではシミ治療にかかる費用相場を、シミ治療に対応しているクリニックの公式ホームページの料金を元に、表にしてまとめています。シミ治療は治療方法によってかかる費用が変化するので、チェックしておいてください。

  • レーザー・光治療

    治療法 料金
    Qスイッチルビーレーザー 2,160~108,000円
    Qスイッチ
    アレキサンドライトレーザー
    1,000~15,000円
    炭酸ガスレーザー 20,000円
    ピコレーザー 14,800~59,800円
    フォトフェイシャル 43,200円
    フォトRF 29,000~30,000円
    ライムライト 20,000円
    BBL光治療 20,000~24,000円
  • 薬治療

    治療法 料金
    外用薬 ハイドロキノン 2,000~8,640円
    外用薬 トレチノイン
    (レチノイン酸)
    3,000~9,800円
    炭酸パック 6,000円
    サリチル酸 9,800円
    ビタミンC導入 5,400~12,960円
    グリシルグリシン導入 2,000~4,000円
    トランサミン導入 2,910円

シミ治療で考えられるリスクや失敗とは

シミ治療はレーザー・光・薬による治療のどれも安全性が高いと言われていますが、絶対に失敗しないとは言い切れません。万が一を想定して治療を受ける前に確認しておきましょう。ここではシミ治療を受けた際に考えられるリスクについて紹介しています。

  • 皮膚が部分的に白くなる

    シミ治療で用いられる外用薬やクリームの中には、ハイドロキノンと呼ばれる肌を白くする作用を持つ成分が含まれています。ハイドロキノンの濃度が高いほどシミ治療の効果があるのですが、皮膚の一部分が白くなる白斑(はくはん)を発症するリスクも少なくありません。また、塗布したハイドロキノンが酸化するとベンゾキノンという成分が生成され、赤みやかゆみを引き起こすことも。シミのない部分にハイドロキノンが含まれている外用薬やクリームを塗ると白斑になるリスクが高くなるため、綿棒を使ってシミだけに塗るようにしましょう。

  • 血栓ができやすくなる

    シミ治療で処方される薬にも注意が必要です。トラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑えて、シミやソバカスを予防できる内服薬。しかし、もともと止血をするために開発された成分なので、血液を固まらせる作用を持っています。そのため、血栓ができやすくなるのです。腎不全の方の場合、脳梗塞や心筋梗塞血栓静脈のリスクがあります。他に食欲不振・吐き気などの消化器系の症状や、胸やけ・嘔吐などを引き起こすことも。トラネキサム酸を服用してこのような症状が出た場合は、すぐに服用をやめてドクターへ相談しましょう。

  • 目元が腫れる

    シミ治療で考えられるトラブルで一番多いのが、レーザー治療後にシミが濃くなる症状です。レーザー治療を受けてから数週間以内におきることが多く、炎症後色素沈着を起こしてしまうことがあります。施術を受けた箇所を刺激したり紫外線を浴びたりすると、メラニン色素が増加して肌が黒ずんでしまい、シミが濃くなります。施術後は肌が敏感になっているので、ケアを徹底して刺激を与えないように気を付けましょう。

  • ニキビや吹き出物ができる

    レーザーを照射すると肌が乾燥してしまうので、肌の蒸発を防ごうと多くの皮脂が分泌します。そのため、毛穴に皮脂がたまってニキビや吹き出物ができてしまうのです。ただし、一時的な副作用のため、ニキビが消えて乾燥肌を改善すると毛穴が引き締まり、ハリやツヤのある肌が手に入ります。

治療法に迷ったら美容皮膚科で相談を

シミには、選びきれないほどたくさんの治療法があります。しかし、決して「治療が簡単」というわけではありません。治療法によっては、「シミには有効だけど、一見シミと同じように見える肝斑にはNG」というパターンもあります。さらに、レーザー治療が有効な「老人性色素斑」と、レーザーを使うと悪化の可能性がある「肝斑」が複合的に発生している…ということも。様々なシミのパターンに合わせて、適切な治療法を選択する必要があるのです。シミの治療で自己判断はおすすめできません。シミ治療を行なっている美容皮膚科を受診して、専門知識を持った医師に正しく見極めてもらいましょう。

美容治療アドバイザー