HOME » お悩み別おすすめ美容皮膚科ランキング » シミ治療|美容皮膚科@ポータル

美容皮膚科で受けられるシミ治療

シミ取りを得意とする美容外科で、自慢の素肌に

年齢を重ねるごとに目立っていくシミ。30代以降の女性が抱える肌のお悩みとしては、最も多いものではないでしょうか。事実、美容皮膚科でもシミ治療に訪れる女性の数はとても多いのです。

ここでは、シミができるメカニズムやシミの種類、治療法、そしておすすめの美容皮膚科をご紹介します。若々しさを保つために、シミを治療して自慢の素肌を手に入れましょう。

シミ
4階
なやみ

美肌の敵!シミとは

シミとは、皮膚にメラニンが蓄積されることによって生じる、茶褐色や淡褐色の色素斑のことです。主に紫外線が原因とされ、日光が当たりやすい頬や手の甲などに、直径数ミリから数センチの大きさで生じます。老若男女を問わずできる「雀斑(そばかす)」や、女性の頬に左右対称に生じる「肝斑(かんぱん)」などの種類がありますが、一般的に「シミ」という場合、「老人性色素斑」のことを指します。30代後半以降の女性に多いのが特徴です。

シミの原因

シミの主な原因は紫外線です。紫外線には肌の細胞を壊す働きがあるのですが、この働きを阻害するために、肌の内部ではメラニンと呼ばれる黒い物質が生成されます。メラニンによって肌を黒くすることで、紫外線の有害な働きから肌を守るのです。これが、いわゆる「日焼け」という現象です。生成されたメラニンは、肌のターンオーバーのサイクルに合わせて、徐々に消えていくのが一般的。ところが紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰に生成されてしまった場合、一部が肌に残ってしまうことがあります。この残ったメラニンが、シミの正体です。ほかにも、活性酸素や炎症(湿疹やニキビ)の影響によるメラニンの過剰生成も、シミの要因として指摘されています。

シミの種類

シミの多くは「老人性色素斑」ですが、これ以外にも様々な種類が存在します。シミを治療する際は、自分のシミがどの種類かしっかり見極めることが大切です。

  • 老人性色素斑

    最も一般的なシミです。「日光性色素斑」や「日光性黒子」とも呼ばれます。直径数ミリから数センチと幅広く、形も様々。30代後半以降に増え始めます。主な原因は紫外線で、日光があたりやすい頬の他、肩や腕、手の甲などに見られます。

    CHECK
    褐色 形や大きさはバラバラ 左右非対称 紫外線を浴びることが多い 過去に紫外線を浴びることが多かった
    治療法
    レーザー治療、光治療
  • 肝斑

    主に、30代~40代の女性に多く見られる薄茶色のシミを、肝斑といいます。生じる部位は主に頬で、左右対称にのっぺりと現れます。目のまわりを縁取るように生じるのが特徴です。他のシミとは治療法が異なるので注意しましょう。

    CHECK
    30代以降にできた 妊娠中にできた 左右対称 色が薄い 範囲が広い 経口避妊薬を飲んでいる
    治療法
    内服薬、外用薬、レーザートーニング、光治療
  • 雀斑(そばかす)

    鼻の上や頬の上部に、小さく散らばるようにしてできる茶色い斑点を、そばかすといいます。春から夏にかけて色が濃くなるのが特徴です。大きく分けて、3歳頃から生じる先天的なものと、外部からの刺激で生じる後天的なものがあります。

    CHECK
    直径3mm程度 左右対称 子どものころからある 家族にもある
    治療法
    レーザー治療、光治療
  • 炎症後色素沈着

    ニキビや虫刺されといった肌の炎症が治ったあとに生じるシミです。摩擦によって生じることもあります。皮膚がダメージを受けた結果、色素沈着が起こり、褐色や黒褐色のシミが残ります。年齢や性別は関係なく、誰にでも起こりうるシミです。

    CHECK
    ニキビや湿疹のあとにできた 虫刺されや火傷のあとにできた 顔をこすることが多い
    治療法
    レーザー治療、光治療
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

    「真皮層」と呼ばれる皮膚の深部に生じるシミです。30代以上の女性に多く見られます。色は褐色をはじめ、やや青みがかったものや灰色のものが中心。頬や目の周囲に左右対称に生じるため、肝斑と間違えられることもあります。

    CHECK
    直径3mm程度 左右対称 鼻翼部にできている やや青みを帯びている
    治療法
    レーザー治療
  • 脂漏性角化症

    別名「老人性いぼ」とも呼ばれ、高齢者の多くに見られる良性の皮膚腫瘍です。男女を問わず、30代ほどから現れはじめます。体のあらゆる部位に生じますが、紫外線を浴びやすい顔に多くなっています。摩擦によって生じることもあります。

    CHECK
    濃い褐色 左右非対称 やや隆起している まれに痒みを感じる
    治療法
    レーザー治療

シミを治療するなら美容皮膚科がおすすめ

シミやそばかすに効くとされる市販薬や化粧品をよく見かけます。どの商品も一定のシミ消し効果は期待できると思いますが、どんな人のどんなシミにも効き目があるというわけではないようです。美容皮膚科での治療との違いを明確にしておきましょう。

  • 市販薬で効果がでにくいのはなぜ?

    シミには様々な種類があります。老人性色素斑、そばかす、肝斑、色素沈着などです。これらのシミの原因はそれぞれ異なるため、市販薬を買う際には、シミの種類に合った薬を選ばなければなりません。しかしながら、素人が自分のシミの種類や原因を特定することは極めて困難。合わない薬を買ってしまったがために効果を実感できない、という人も多いようです。一方、美容皮膚科では、まずシミの種類が何なのかを医師が特定します。そのうえで、そのシミにふさわしい治療法や薬を提供してくれるので、ムダがなく確実に効果があがります。シミが気になる方は、一刻も早く除去したいとお考えでしょう。市販薬では回り道になってしまう可能性もあるので、皮膚科や美容皮膚科で診療してもらうことをおすすめします。

  • 結局皮膚科の方が安い?市販の化粧品と比較

    シミ消し用の化粧品の中には、数百円程度で購入できるものもあります。中にはそれでもシミが薄くなる人がいるかも知れませんが、多くの人に効果が出るかどうかは、はなはだ疑問です。化粧品でシミを消すならば、2万円や3万円などの、ある程度高価で信頼のできる商品を選ぶべきでしょう。ただし、どれほど高価な化粧品だったとしても、それが自分のシミの種類に合っているかどうかは別問題。「ちょっと試しに購入してみる」には、2万円、3万円は大きすぎる金額ではないでしょうか?市販の化粧品でシミを消す場合、美容皮膚科で治療してもらうのと同じくらいの費用、またはそれよりも高い費用がかかる可能性があります。結局、費用も効果も美容皮膚科のほうがお得だった、ということにもなりかねません。

シミを放置するとどうなる?

1度できたシミを放っておくと、さらに濃くなってしまうことがあります。そもそもシミはメラニンが正常に排出されず生まれてしまうもの。シミがあるということは、皮膚のターンオーバーが乱れた状態にあるということです。そのため、何のケアも行わず放置していると、さらにメラニンが蓄積され、シミが濃くなってしまうのです。
シミをさらに放置すると、皮膚疾患を引き起こすこともあります。代表的なシミである「老人性色素斑」の多くは、「脂漏性角化症」という皮膚病の初期段階であるとされています。この状態のまま放置していると、皮膚が盛り上がっていきます。これが脂漏性角化症です。痛みを伴ったり皮膚癌になったりすることはほぼありませんが、まれに痒みを生じることがあります。
また、紫外線を浴びやすい部分に生じるシミは、「日光角化症」という皮膚病の可能性があります。日光角化症は放置し続けると皮膚癌になることのある腫瘍です。市販薬や処方薬では治療が難しく、レーザーによる治療が必要です。

シミの治療法

ここでは、皮膚科や美容皮膚科で行われているシミの治療について説明します。

レーザー・光治療によるシミ治療

シミの黒色に反応する光を照射し、メラニン色素を破壊することで、シミを除去する治療法です。周囲の皮膚細胞を傷つけることなく、安全にシミのみを取り除くことができます。レーザーは単一の波長をピンポイントに照射する治療です。一方フォトフェイシャルは複数の波長の光を広範囲に照射し、シミをはじめ小じわや毛穴など、皮膚のトラブルを総合的に改善させる効果があります。また、微弱なレーザー光を均一に肌に照射していき、少しずつ肌の色ムラを整えていく「レーザートーニング」という方法も効果的です。

レーザー:YAGレーザー(ジェネシス)、Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザーなど
光治療:フォトフェイシャル、フォトRF(オーロラ)、BBL光治療、Eライト、ライムライト、アキュチップなど

内服薬・外用薬によるシミ治療

内服薬を使って、体の内側からシミにアプローチしていく治療法もあります。また、ハイドロキノンといった、シミの色素沈着を薄める外用薬も効果的です。レーザー治療や光治療と併せてこうした治療薬を用いることで、さらに治療効果を高めることができます。

外用薬:ハイドロキノン、トレチノインなど
内服薬:アスコルビン酸(ビタミンC)、トラネキサム酸など

シミ治療の流れ

レーザーを用いた代表的なシミ治療について、施術の流れを詳しく紹介します。

ステップ1:カウンセリング

まずはカウンセリングが行われます。レーザーは、シミの状態や自分の肌に合ったものを選ぶことが大切。専門知識を持った医師に、しっかり診断して見極めてもらいましょう。治療に関して少しでも気になることがあれば、ここで質問して確認してください。

ステップ:2 レーザー照射

メイクを落とし、レーザー光から目を保護するゴーグルを着け、施術開始です。1つのシミに対して、数十秒レーザー光を照射していきます。照射中はゴムで軽くはじかれたような痛みを感じます。気になるようであれば、麻酔クリームを利用することも可能です。施術時間はシミの数や濃さなどによって異なりますが、20分~1時間程度です。

ステップ:3 アフターケア

レーザー照射後の肌は熱を持っているので、氷でクールダウンさせます。その後、照射箇所に肌色の保護テープを貼ります。テープの上からになりますが、基本的には施術直後からメイク可能です。

おすすめの治療法は…

シミにおすすめの治療法はBBL光治療です。シミのほかにも小じわや赤みが気になったり、シミが治ったら別のものが悪化した~なんてことがありがちですよね。それに治療法によっては「シミには有効だけど、一見シミと同じように見える肝斑にはNG」というパターンもあります。

キング・オブ・レーザーと呼ばれるBBL光治療は、シミを含め、様々な症状に対応しているので、悩み多き女子には間違いなくおすすめでしょう。比較的新しい治療方ですが、その効果から人気を博しているため、徐々に取り入れる美容皮膚科も増えてきました。

下記では、人気のBBL光治療が受けられるおすすめのクリニックを紹介します!

おすすめの治療は…

シミ治療が得意なおすすめのクリニックランキング

ここでは、都内でBBL光治療を受けられる美容皮膚科を集めてランキングしました。

表参道スキンクリニック

高いレーザー技術を誇る、表参道の美容外科

表参道スキンクリニックは、レーザー系治療などの美容皮膚科をはじめ、痛みや不快のない治療を提供している美容外科です。
患者さん一人に対して、一名の専属スタッフがつき、クリニックでのお出迎えからお見送りまでをエスコート。ラグジュアリーな空間でくつろいだ時間を堪能できます。
完全個室での丁寧なカウンセリングに定評があり、じっくりと診療をすることでシミの種類などを見極め、一人ひとりに適した治療法を提案してくれます。

料金 初回 20,000円(税別)

池本形成外科・美容外科

東京郊外にある新進気鋭のクリニック

立川駅にある池本形成外科・美容外科は、2015年に開設した新しいクリニックです。最新鋭の設備はもちろん、内装も非常にキレイなので、来院者の方から好評です。
池松院長は長年にわたり形成外科診療に関わってきたドクターで、施術をしっかり結果にコミットさせる「エステティック・マインド」の精神を標榜しています。
BBL光治療時は、敏感肌の方も施術を受けられるよう、クリームによる局所麻酔もしてくれます。

料金 21,600円(税別)

ようこ皮膚科クリニック

皮膚科専門医による安心の治療が魅力

皮膚科専門医の資格を持ち、様々な皮膚疾患の見識に富む女性院長が手掛けるクリニック。美容医療も保険医療の延長線上という考えを持ち、ダウンタイムや施術のリスクなどをしっかりと説明し、患者さん第一の姿勢で美容医療に取り組まれています。
ヒアルロン酸やボトックスなどの注入施術で有名なクリニックですが、最新のフォトフェイシャルであるBBL光治療も導入しています。六本木交差点のすぐ近くという立地も◎。

料金 BBL光治療(サイトンレーザー) 29,800円(税別)