HOME » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み辞典 » しわの原因・種類・治療法を解説|美容皮膚科@ポータル
美容皮膚科で受けられるしわ治療

しわを治療してハリのある肌を取り戻そう

年齢を重ねると、どうしても避けられないのが「しわ」。 リフトアップマッサージや、しわ消し用の化粧品を使うといったケア方法もありますが、しわの根本的な改善にはなりません。
しわは放っておいても増えていく一方。クリニックのしわ治療で、見た目年齢を美しく保ちましょう。
ここでは、しわの原因や種類、美容皮膚科で受けられる治療方法を紹介します。

4階
なやみ

しわ

肌の弾力がなくなったり、同じ表情をくり返して同じ箇所に力が加わったり、表層筋が衰えると、顔に細かな線ができるのが「しわ」。「小じわ」「たるみじわ」「ちりめんじわ」「表情じわ」などがあり、できる原因やメカニズムは様々です。さらに、鼻から口元にかけてできる「ほうれい線」や目の下にできる「ゴルゴ線」のように、できる部位によっては独自の名称がつけられているしわもあります。

しわの原因

主に老化によって生じるしわですが、しわができる原因・メカニズムは主に以下の4つに分けられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • 皮膚の老化

    どのタイプのしわでも、原因の根本にあるのは「皮膚の老化」です。年齢を重ねると、肌に弾力を与えるコラーゲンや弾力繊維のエラスチンの量が減っていきます。ハリが損なわれ、重力に耐え切れなくなることで、しわができるのです。

  • 紫外線によるダメージ

    紫外線の影響は、メラニンによる日焼けや黒ずみだけではありません。肌のコラーゲンやヒアルロン酸まで破壊されてしまいます。加齢による「自然老化」に紫外線による「光老化」がプラスされてしまうと、しわができやすくなるのです。

  • 皮膚の乾燥

    乾いた地面がひび割れるように、肌も乾燥状態が続くと角質層の表面が剥がれやすくなります。次第にすき間ができ、その間から表皮の水分が抜け出て皮膚が硬くなり小じわができやすくなるのです。放っておくと、しわが深く刻まれてしまうほど悪化することも。

  • 女性ホルモンの減少

    真皮層で肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチン、水分を保持するヒアルロン酸の生成に関わっているのが女性ホルモンです。20代から30代前半をピークに女性ホルモンは減少していくため、年齢を重ねるとしわができやすくなります。

しわの種類

  • 表情じわ

    無意識に額や眉間にしわを寄せていることはありませんか?長時間同じ表情を続けたり、何度も繰り返し同じ表情をしたりすることで癖づいてしまうのが、表情じわです。額に入った横じわや、眉間にできる縦じわ、目尻にできるカラスの足跡のようなしわが表情じわの代表です。

  • 老化じわ

    年齢を重ねることによって表情筋が衰え、皮膚や顔の脂肪を支えられなくなることでできるしわが「老化じわ」です。若い人であっても、筋肉を動かさずに無表情でいると筋力が衰えやすくなるため、老化じわができてしまうことがあります。注意しましょう。

  • たるみじわ

    皮膚の針が損なわれてたるんでしまうことによって生じるしわが、「たるみじわ」です。紫外線の影響でコラーゲンが減少したり、さらに老化で筋力が落ちて脂肪を支えられなくなることで、たるみができます。ほうれい線や首のしわなど、深くしっかりと刻まれてしまうのが特徴です。

  • 痩せじわ

    過度なダイエットで、急激に痩せるとできやすいのが痩せじわです。ダイエットによって脂肪は減っても、太って広がった皮膚は急に縮まないため、余分な皮膚がたるんでしわになります。時間をかけてダイエットすれば起こらないいしわです。

  • 小じわ(ちりめんじわ)

    目じりなどにできる細かく短いしわが小じわです。形状が縮緬(ちりめん)の布に似ていることから、「ちりめんじわ」とも呼ばれます。肌が乾燥し、角質層から水分が損なわれることが主な原因です。

しわができる部位

  • ほうれい線

    ほうれい線ができる部位

    鼻の横から口角に向かってできるしわです。笑ったときに出る表情じわのタイプ・はっきり線のように目立つタイプ・頬がたるんで陰ができるタイプがあります。

  • マリオネットライン

    マリオネットラインができる部位

    唇の両端から顎に向かってできるしわです。腹話術人形(マリオネット)の口元部分に似ているため、「マリオネットライン」と呼ばれています。

  • ゴルゴ線

    ゴルゴ線ができる部位

    目頭から頬の中央に向かって、斜めにできるしわがゴルゴ線です。漫画の「ゴルゴ13」のキャラクターで見られる眼の下の線と似ていることから、「ゴルゴ線」と呼ばれています。

  • 眉間のしわ

    眉間のしわ

    顔をしかめるときに眉間にしわができます。表情じわの代表と言えるしわで、怒ったり困ったりしたときに出やすいものです。

  • 首のしわ

    首のしわ

    顔の皮膚が垂れ下がってしまい、首にジャバラのようなしわができます。年齢が顕著に出るのが首元と言われるほど、首にできるしわは目立つものです。

  • 目元のしわ

    目元のしわ

    目尻にできる細かいしわ・目の下にできるしわがあります。笑ってできるしわが、そのまま刻まれてしまうことも。

増えていく一方のしわは治療で改善しよう

  • 化粧品では根本的な解決が難しい

    最近ではしわ消し効果をうたった美容液やクリームなども多く登場しています。もちろんスキンケアを丁寧に行い、顔のハリを保つことは、しわを予防したり悪化させないために重要ですが、根本的な改善にはなりません。ちりめんじわなど、比較的軽度なしわであれば消せることもありますが、ほうれい線や眉間のしわのように深く刻まれてしまったしわは、セルフケアではもとに戻せないと考えましょう。

  • しわの種類に合った治療を受けよう

    しわは、その原因やできる部位によって適した治療法が異なります。美容皮膚科で専門医のカウンセリングを受け、自分のしわのタイプをしっかり見極めたうえで、治療を進めていきましょう。また、真皮まで深く刻まれてしまったしわの治療法として、ヒアルロン酸の注入治療がありますが、これは肌を持ち上げることでしわを消す治療です。知識と技術力に加え、美的センスに優れた医師を見つける必要があります。

しわの治療法

セルフケアではなかなか改善が難しいしわ。美容クリニックでできる治療法を紹介します。

注入治療

しわのくぼみにヒアルロン酸やレディエッセなどの薬剤を注入することで、皮膚を盛り上げ、しわを改善させる治療です。また、肌のハリを高める成分や、筋肉の収縮を抑える薬を注入することで、しわが改善できることもあります。比較的手軽に受けることができ、即効性は高いといえます。

  • ヒアルロン酸注入

    気になる部分に保水力のあるヒアルロン酸を注入することで、へこんだ皮膚を盛り上げる治療法です。肌に弾力やハリもよみがえります。10~15分程度で施術が終わるので、手軽に試せると人気です。

  • ボトックス注入

    筋肉を緩めるボツリヌスキシン(ボツリヌス菌)を注入することで筋肉の収縮を抑え、癖づいてしまった眉間や額のしわを改善する治療法です。表情じわの改善に最適。

  • 高濃度ビタミンC点滴

    濃度の高いビタミンCを点滴で体内へ注入することにより、しわを始め、たるみ、しみ、くすみなどの改善を目指す治療法。しわを改善するために最も有効な方法は、コラーゲンの生成を促すこと。コラーゲンの生成にはビタミンCが不可欠なので、これを直接注入することにより効率的にコラーゲンが増産されます。

  • レディエッセ

    レディエッセとは、カルシウムハイドロキシアパタイトと呼ばれる主成分を含んだ薬剤のこと。しわの気になる部分に注入することによって、しわの溝となっている部分を盛り上げる働きがあります。ヒアルロン酸注入に比べて、2倍ほどの効果の持続性がある点も特徴です。

  • プラセンタ

    プラセンタとは、動物(人間含む)の胎盤から抽出した成分を含む医薬品、およびサプリメント等の総称。医薬品におけるプラセンタについては、塗布または注入することによって、線維芽細胞が活性化してコラーゲンが増産し、しわ、たるみの改善に効果的であることが示されています。

  • PRP皮膚再生療法

    患者自身の血液から抽出された成分を別の場所に注入することによって、老化した肌を若返らせる再生医療。注入された成分からは様々な再生促進成分が放出されて、肌内部でコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進。しわの改善効果はもとより、肌全体に高い若返り効果をもたらします。

高周波・熱治療

高周波や熱の力で肌のたるみを引き締めることで、しわを改善させる治療です。肌の真皮層にまでエネルギーを届けることで、コラーゲンの生成を活性化させ、肌のハリを高めてくれるマシンもあります。

  • タブロ

    超音波を使用し、ピンポイントで筋層へ熱エネルギーをあてることでリフトアップ効果が期待できる治療法です。コラーゲン生成を促し、筋肉の層を持ち上げてくれます。効果は施術直後に実感できるのだとか。

  • タイタン

    近赤外光という赤外線を使用し、熱エネルギーを皮膚の真皮組織に与えることでしわが改善する治療です。真皮層が引き締められだけではなく、コラーゲンの生成も促してくれます。

  • リファームST

    赤外線と高周波を肌に照射することにより、しわ、たるみの解消を目指す治療法。照射を受けた肌の内部では、コラーゲンの量が急激に増加。短期間でしわの改善効果を実感することができます。施術の痛みはほとんどなく、またダウンタイムもありません。

  • マトリックスIR

    高周波エネルギーとダイオードレーザーを同時に肌に照射することによって、しわやたるみの改善を目指す治療マシン。短期的には肌の表層部分の引き締め効果、長期的には線維芽細胞の刺激によるコラーゲンの増産効果をもたらします。手術直後から肌の引き締め効果を実感。ダウンタイムもほとんどありません。

  • サーマクール

    高周波エネルギーを照射することによって、しわやたるみなどを改善させる治療法。従来の類似のマシンに比べ、熱エネルギーが深部まで届くように設計されているため、皮膚の深い部分からのコラーゲン生成が可能。肌に強いハリをもたらすことにより、効果的にしわを改善させます。

リフトアップ

肌の内部に特殊な極細の糸を通し、皮膚を持ち上げることでしわの改善をはかる治療です。皮膚下への挿入が必要になりますが、中にはメスを使わずに施術できるものもあります。

  • 金の糸

    メスを使用せず、純金でできた髪の毛ほどの糸をしわの部分へ入れる治療法です。真皮に糸が入ると、肌を修復しようと新陳代謝が活発になります。その結果、コラーゲンやエラスチンが増えてハリと弾力が生まれるのです。

  • フェザーリフト

    ギザギザした形状の医療用糸を皮下に入れることにより、しわ、たるみ等を改善させる治療法。挿入した糸の周辺にコラーゲンが生成され、効果的にしわ、たるみを改善します。施術直後は多少の腫れや内出血を伴うことがありますが、メイクでカバーできる程度です。

  • スプリングリフト

    フランスで生まれた特殊な医療用糸を皮下に挿入し、引き上げ効果によってしわ、たるみを解消する治療法。一般的な医療用糸とは異なり伸縮性がある糸のため、様々な表情に合わせた自然な引き上げが可能です。フェイスリフト手術に匹敵する引き上げ効果を持つとされています。

イオン導入

  • エレクトロポレーション

    肌の細胞膜に微細な穴を開け、この穴から効率的に有効成分を浸透させることで様々な美容効果を目指す治療法。主にしわ、たるみ、毛穴の開き、シミ、ニキビなどの改善に効果的です。ただし効果の持続期間は数週間から1ヶ月程度。効果を持続させるためには定期的に施術を受ける必要があります。

  • アクシダーム

    エレクトロポレーションと同様、皮膚細胞に微細な穴を開けて有効成分を浸透させる治療法。しわ、たるみなどの改善に高い効果を発揮します。イオン導入では不可能だった大きめの分子(ヒアルロン酸など)も浸透させることが可能です。メソセラピーやプチ整形に匹敵する効果があると言われています。

レーザー治療・光治療

  • フォトRF

    光治療機器「フォトフェイシャル」に高周波機能がプラスされたのが、フォトRFです。光を当てると、高周波が真皮層を刺激しい新陳代謝を活発化させて肌にハリと弾力を取り戻します。

しわ治療の費用相場

ここではしわ治療にかかる費用相場を20院以上の美容皮膚科・美容外科の公式ホームページに掲載されている料金表をもとに紹介しています。治療方法によってかかるしわ治療にかかる費用が変わるので、ぜひチェックしてみてください。

  • 注入治療

    治療法 料金
    ヒアルロン酸注入 10,800~120,000円
    ボトックス注入 10,800~60,000円
    高濃度ビタミンC点滴 8,640~16,000円
    レディエッセ 95,000円
    プラセンタ 1,080~3,000円
    PRP皮膚再生療法 290,000円
  • 高周波・熱治療

    治療法 料金
    タイタン 171,000円
    サーマクール 82,000~89,100円
  • リフトアップ治療

    治療法 料金
    金の糸 1,000,000円
    スプリングリフト 86,400円
  • イオン導入

    治療法 料金
    エレクトロポレーション 5,670~12,000円
    アクシダーム 10,000~30,000円
  • レーザー治療・光治療

    治療法 料金
    フォトRF 29,000~30,000円

しわ治療で考えられるリスクや失敗とは

シワ治療による副作用は少ないのですが、多少のリスクや失敗はあります。万が一に備えてしわ治療を受ける前に把握しておくことが大事です。ここでは、しわ治療について紹介しています。

  • 治療後に腫れることがある

    血液成分を利用して肌のターンオーバーを促進するPRP皮膚再生療法では、治療後に赤みや腫れなどの症状が1週間ほど残ることがあります。特に皮膚が薄い目元やおでこは腫れやすく、口元が腫れにくいです。注射する際に血管を傷つけるため、内出血して赤紫や紫になります。1週間ほどで色が薄くなって目立たなくなるので、治療後はしばらく様子を見てみましょう。

  • レーザー照射後は肌が乾燥する

    レーザーによるシワ治療を受けた後は、肌が乾燥した状態になります。かゆみが出ることもあり、数日間は我慢しなければいけません。その間の肌は敏感になっているので、肌を傷つけないように保湿を徹底すると良いですよ。

  • ボトックス注射で表情が変化する

    ボトックス注射のリスクは、表情が固まってしまったり目を開きにくくなったりすることです。ボトックスには筋肉の動きを抑制する働きがあるので、注入するよう量や場所を間違えると、不自然な見た目になります。自然な表情を残す場合は、一度にたくさんのボトックスを打つのではなく、少しずつ受けましょう。

  • ヒアルロン酸はアレルギーリスクも

    ヒアルロン酸はコラーゲンと違って非動物性の成分なので、まれにアレルギーを発症することがあります。また、皮膚の薄い部分に注入した場合、ヒアルロン酸が透けて見えてしまうことも。そうなる前に、ドクターの説明を聞いて安全性を確認しましょう。

しわ治療の実績も豊富!美容皮膚科の名医を紹介します

アンチエイジングの王道であるしわ治療。化粧品では改善させることが難しく、かといって放置していては年齢を重ねるたびに深く濃くなり、新しいしわも増えていくばかりです。 そのため、しわ治療は美容皮膚科で治療を受ける人が多い診療メニューとなっています。 ポピュラーな治療とはいえ、とりわけヒアルロン酸などの注入治療は医師の美的センスやデザイン力も問われる施術。たくさんの経験と実績をもつ、信頼できる医師を探しましょう

美容治療アドバイザー

しわのお悩み関連ページ