TOP » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み事典 » そばかす
美容皮膚科で受けられるそばかす治療

隠せないそばかすは美容皮膚科で治療しよう!

そばかすに長年悩まされ、もうあきらめてしまっている人も多いのではないでしょうか。「そばかすを隠すために、いつもメイクに時間がかかる」「紫外線対策を続けているのになかなか治らない」という人は、もしかしたら間違ったケアや対策を続けているだけかもしれません。一度そばかすの原因から見直してみましょう。ここでは対策方法や美容皮膚科での効果的な治療法について紹介しています。

そばかすのイメージ画像
なやみ

そばかす(雀斑)

鼻や頬にできる、肌よりも色が濃い斑点がそばかすです。その正体は淡い褐色から黒褐色のメラニン色素で、シミの一種。そばかす以外のシミとは原因や治療法が少々異なりますので注意しましょう。そばかすの正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言い、現れる斑点の形は三角形や四角形。シミと比べて小さな斑点が肌の表面にたくさんあらわれます。特にあらわれやすいのが鼻や頬ですが、顔以外の全身に見られる症状です。

そばかすの原因

  • そばかすは遺伝の影響が大きい

    そばかすの出現は遺伝による影響が大きいと言われています。もともと肌に含まれているメラニンの数や紫外線の影響を受けやすい体質だと、そばかすができやすくなってしまうのです。ただし幼少期から思春期にかけて自然にできるそばかすは、大人になるにつれて消えることがほとんど。一方、大人になっても消えないそばかすは治療しないと消えないことが多いのです。放っておくと、年齢を重ねるにつれ目立ちやすくなってしまいます。ストレスや喫煙も活性酸素が増える原因です。身体の血流が一時的に悪くなった後に血流が改善されるタイミングで活性酸素が発生すると言われています。

  • メラニン色素によって悪化する

    日光を浴び過ぎるとそばかすの色が濃くなって目立ちますが、これは肌に含まれるメラニン色素が原因。紫外線から体を守るためにメラニン色素の働きが活発になり、皮膚に褐色の斑点として現れます。肌にメラニン色素が現れるのは紫外線から肌を守った証拠でもあるのです。必要以上に紫外線を浴びないことでそばかすを防ぐことはできますが、そばかすの原因は増えすぎたメラニン色素の数にもあります。改善するためには、メラニンの数を減らすことが必要です。メラニン色素は通常、紫外線を浴びた後に身体の外へ排出されて本来の肌の色を取り戻します。しかし肌の新陳代謝が低下していると、そばかすやシミとして肌に色素が沈着してしまうことも。

大人になってできたそばかすは要注意

  • そばかすを放置するとどうなる?

    そばかすの出現は遺伝による影響が大きいと言われています。もともと肌に含まれているメラニンの数や紫外線の影響を受けやすい体質だと、そばかすができやすくなってしまうのです。ただし幼少期から思春期にかけて自然にできるそばかすは、大人になるにつれて消えることがほとんど。一方、大人になっても消えないそばかすは治療しないと消えないことが多いのです。放っておくと、年齢を重ねるにつれ目立ちやすくなってしまいます。ストレスや喫煙も活性酸素が増える原因です。身体の血流が一時的に悪くなった後に血流が改善されるタイミングで活性酸素が発生すると言われています。

  • そばかすは自力で消せないの?

    日光を浴び過ぎるとそばかすの色が濃くなって目立ちますが、これは肌に含まれるメラニン色素が原因。紫外線から体を守るためにメラニン色素の働きが活発になり、皮膚に褐色の斑点として現れます。肌にメラニン色素が現れるのは紫外線から肌を守った証拠でもあるのです。必要以上に紫外線を浴びないことでそばかすを防ぐことはできますが、そばかすの原因は増えすぎたメラニン色素の数にもあります。改善するためには、メラニンの数を減らすことが必要です。メラニン色素は通常、紫外線を浴びた後に身体の外へ排出されて本来の肌の色を取り戻します。しかし肌の新陳代謝が低下していると、そばかすやシミとして肌に色素が沈着してしまうことも。

自力で消えないそばかすはクリニックで治療しよう

  • クリニックなら効果的な治療が受けられる

    どんなに対策を行なっても、そばかすを自力で消すことは難しいもの。「そばかすの原因は自分の体質」とあきらめてしまう人も多いようです。そばかすに悩んだ人が行きつく先は美容皮膚科。クリニックではそばかすを消し去る治療を受けることが可能です。レーザー光でメラニン色素を持つ細胞だけを取り除くこともでき、その効果の高さから人気を集めています。自分で治そうと思ってもなかなか治らず、かえって症状を悪化させてしまうことが多いそばかす。症状が軽いうちにクリニックで治療してもらうことで早く治せます。皮膚に詳しい美容皮膚科の専門医に診てもらってください。

  • そばかす治療を受けたに気を付けること

    治療が終わったからと言って肌のケアを怠っていると、そばかすは再発します。クリニックで治療を受けた後の肌は敏感です。肌表面のバリアが剥がれ落ち、毛穴も開いた状態のため紫外線に弱くなっています。日差しの強い時期は日傘や帽子が必須。できるだけ日光に当たることを避け、日焼け対策を徹底しましょう。水分が不足してしまうと紫外線の影響を受けやすくなってしまうため、肌の保湿も大切です。保湿クリームや化粧水で肌を守り乾燥を防いでください。施術後の美白剤も効果的。メラニンの生成を抑えてそばかすの再発を防ぎます。担当医に相談の上、医療用の美白剤を処方してもらうことをおすすめします。

そばかすの治療法

ここでは、そばかすの治療方法を紹介していきます。様々な治療方法がありますので、クリニックで自分に合った方法を見極めてもらいましょう。

レーザー治療・光治療

そばかすに特殊な光を照射して、皮膚のメラニンを取り除く治療法です。シミなら全般的に効果を期待できますが、そばかすには特に有効。1~2回の施術で効果を発揮し、洗顔する度にかさぶたのように浮き出たメラニン色素が剥がれ落ちていきます。毛穴を引き締め、肌のハリが良くなるメリットもある治療法です。

ピーリング

特殊な薬を使って肌の表面をクリーニングし、あらゆる肌のトラブルを改善できる治療法。古くなった肌の表面を取り除き、一皮むけたような肌になります。肌表面の薄いそばかすに効果を発揮する治療です。新陳代謝が良くなるので施術後も効果が持続。肌の老化物が排出されていきます。

イオン導入

肌に弱い電流を流す治療法です。活性酸素を除去する効果があり、メラニンの生成を抑制。さらに電気の刺激を肌に与えることによって目に見えない隙間ができ、美容液の成分が肌に浸透しやすくなります。

薬による治療

  • ビタミンC誘導体外用

    ビタミンをCを効率良く肌に取り入れて、そばかすを治療する方法です。ビタミンCを肌に吸収されやすいようにしたものがビタミンC誘導体。これを肌に塗るだけの手軽な治療法です。吸収されたビタミンCは活性ビタミンCとなり、メラニン細胞の増加を防ぎます。

  • トレチノイン

    シミやそばかすに効果がある塗り薬でビタミンA誘導体の一種です。ピーリング作用があり、古い角質の除去を促進させます。また皮膚の表面の細胞を分裂・増殖させる効果も。もともと人の血液中に含まれている成分のため、アレルギー反応を起こすこともありません。

  • ハイドロキノン

    漂白作用を持った塗り薬。肌の漂白剤ともいわれ、肌表面のメラニン色素を薄くしたり消したりできます。本来皮膚に浸透しにくい性質ですがトレチノインと同時に使用すると浸透力がアップするため、併用されることが多い治療薬です。

針を使った治療(ダーマローラー)

極細の針が付いたローラーを使用して肌表面に穴を開ける治療法です。穴と言っても肉眼で確認できるようなものではなく、1~2時間で自然に塞がるような微細な穴。皮膚に穴を開けることによって肌の自然治癒力が活発に。コラーゲンの生成力が1,000倍にまで高まると言われています。

そばかす治療で考えられるリスクや失敗とは

  • 肝斑を併発している場合は悪化することがある

    そばかすと肝斑が同時に生じている状態で、そばかすのレーザー治療を受けた場合、肝斑が悪化する可能性があります。そもそも肝斑の治療にレーザー治療は向いていません。そばかすと肝斑は併発することも多いのですが、そばかすだけを治療する場合であっても、まずは肝斑治療から始める必要があるのです。ちなみに、「老人性色素斑」と呼ばれる通常のシミであれば、そばかすと同時に治療を行なうことが可能です。美容皮膚科を受診し、肝斑を併発していないか見極めてもらったうえで、適切な治療を開始しましょう。

  • 色素沈着や水ぶくれ

    アキュチップやQスイッチレーザー等の治療を受けた場合、照射した部分に炎症後色素沈着や水ぶくれをおこすリスクがあります。レーザーによる刺激が強すぎたり、施術後に必要となる紫外線対策を怠ることが原因です。また、光治療器であるライムライトはレーザーに比べて肌への刺激が抑えられますが、継続的な治療が必要となり、治療をストップすると再発するリスクが高まります。それぞれの治療法のメリット・デメリットをよく理解したうえで、治療を開始してください。

そばかすは治療するのが正解!

以前は、そばかすは遺伝や体質的なものであるとして、治療を諦めてしまう方が大半でした。しかし今では治療法が発達し、クリニックで治療をするのが一般的です。チャームポイントとして敢えてそばかすを生かしているならいいのですが、毎日メイクで大変な思いをするくらいなら、思い切って治療してしまいましょう。自力で消すのが難しいそばかすですが、美容皮膚科であれば治療法がたくさんありますので、まずはカウンセリングに足を運んでみてください。

美容治療アドバイザー