HOME » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み辞典 » 毛孔性苔癬治療|美容皮膚科@ポータル
美容皮膚科で受けられる毛孔性苔癬治療

夏までに治したい!毛孔性苔癬の治療法

夏場にはノースリーブや水着でおしゃれを楽しみたいものですが、そんな時に二の腕のぶつぶつがあったらがっかりですよね。
でも、どういったケアをしたらいいかわからない方も多いのでは?こちらでは体にできるぶつぶつ、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」の治療についてご紹介します。

4階
なやみ

毛孔性苔癬とは

「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは皮膚炎の一種で、お肌に細かいぶつぶつができるものです。発症する場所としては二の腕が主ですが、太ももやお尻、背中にできることもあり、放置すると慢性化するリスクもあります。原因はいまだにはっきりと解明されていませんが、ホルモン代謝異常、脂線機能異常、健康的な皮膚の維持に必要なビタミンAの代謝異常などが関わっているのではないかといわれています。毛孔性苔癬は小学生ごろから思春期にかけて発症し、年齢を重ねるにつれて消えていく傾向があります。しかし30代以降になっても改善されないこともあり、肌を露出すると目立つことから、悩んでいる方が多い皮膚炎です。

毛孔性苔癬の原因

  • 詳しい原因は解明されていない

    毛孔性苔癬の原因は解明されていませんが、直接的な原因としては、古くなった角質が皮膚表面に残って硬くなることです。正常にターンオーバーが機能していれば剥がれ落ちてしまう角質が、何らかの原因によって剥がれ落ちなくなります。すると毛穴の周辺に角栓として残り、毛穴をふさいでしまうため、ぶつぶつとした盛り上がりができるのです。硬くなった角質の中には皮脂や体毛などが一緒に詰まっていることもあり、毛穴の下にある細胞が異常反応を起こしていることが特徴です。

  • 遺伝ホルモンが影響している

    毛孔性苔癬になる原因は分かっていないものの、ホルモン代謝異常や、脂線機能異常、健康的な皮膚の維持に必要なビタミンAの代謝異常などが関わっているのではないかといわれています。妊娠中や出産後に発症することもあり、このことがホルモン代謝に関係しているといわれる所以です。また、毛孔性苔癬は遺伝することも多く、両親に発症歴がある人の場合は特にできやすいといわれています。さらに、肥満体質の方、アトピー性皮膚炎の方、30歳未満の方に発症しやすい傾向にあることが分かっています。

毛孔性苔癬のよくある疑問

  • 毛孔性苔癬は悪化するの?

    成人を過ぎていれば、基本的に毛孔性苔癬が悪化することはありません。少しずつ薄くなっていき、ほとんどの場合は30代を過ぎるころには治ります。痛みや痒みはなく、そのまま放置していても健康上の問題を及ぼすことはありません。しかし、お洒落を楽しみたい10代~20代の時期にかけて、露出の多い部位に広範囲にわたって症状があらわれることから、早期の治療を望む人が増えています。アトピー性の毛孔性苔癬であれば、まれに衣服の刺激や乾燥によって悪化することもありますが、保湿などのケアによって防ぐことが可能です。

  • 毛孔性苔癬は治療できる?

    毛孔性苔癬を治そうと皮膚科を受診しても、「体質だからしょうがない」「30歳を過ぎれば治る」と言われて、治療を諦めてしまう人もいらっしゃいます。保険診療で処方された薬が効かなかった…という方も多いのではないでしょうか。これはとてももったいないことです。毛孔性苔癬は続々治療法が発達しており、最新のレーザー機器を使えばきれいに治せる症状です。もちろん、保険診療の範囲で改善できることもあります。いずれ治るからと放置せず、きちんと治療して若いうちにしかできないファッションを楽しんでくださいね。

毛孔性苔癬の治療法

  • CO2フラクショナルレーザー

    熱エネルギーの力で凹凸のない肌に

    毛孔性苔癬の治療に用いられる治療法の一つに、CO2フラクショナルレーザーがあります。これは、レーザーを一面に当てるのではなく、点で当てていく方式を用いたもの。一点に強いパワーで熱エネルギーを届けることができるため、皮膚の奥まで作用します。従来のフラクセルレーザーに比べて痛みや処置後の赤みが残らないことが特徴です。CO2フラクショナルレーザーの治療は、毛孔性苔癬のほかにも、毛穴の開き、ニキビ跡の凸凹、くすみ、小じわなどの改善にも役立ちます。

    5年ぶりに水着を着られて嬉しい

    レーザーで良くなるとは思っていませんでした。3回の治療でだいぶ良くなりました。背中のブツブツが気になり海に行けていなかったけど、5年ぶりに水着を着て海に行けました!

    痛みがないレーザー治療。おすすめ!

    以前他のレーザー治療も受けたことがあるけど、それと比べてほとんど痛みを感じませんでした。一度受けただけでも腕のぶつぶつがだいぶよくなったので、受けた価値がありました。

  • ダーマローラー

    肌を再生し、生まれたての美しさへと導く

    ダーマローラーとは、毛孔性苔癬の治療や、ニキビ跡の治療にもよく使用される治療機器です。ローラー状の機器を肌の上で転がし、極細の針で目には見えない小さな穴を無数に開けます。それにより、皮膚の創傷治癒の力を高め、肌再生を促す方法です。開けた穴を利用して、肌トラブルの症状に合わせた有効成分を浸透させるとより高い効果が期待できます。治療に伴う痛みや肌へのダメージが少なく、あらゆる肌の悩みを解決する治療法だといえるでしょう。

    痛みは強いけど改善が見えてきた

    クリームの麻酔をしてもらい、腕のぶつぶつにダーマローラーを受けました。何度か受けてようやく解消が見えてきた、って感じですね。他の治療より痛みは強いみたいです。

    肌がだいぶなめらかになってきました

    なんだか不潔っぽい感じがして、腕の毛孔性苔癬がコンプレックスでした。以前行った皮膚科では薬をもらっただけで改善が見られなかったけど、今回治療を受けて本当に良かったです。だいぶなめらかになってきました。

  • 毛孔性苔癬フラクセル

    肌を生まれ変わらせてベビースキンに

    肌を生まれ変わらせて毛孔性苔癬を改善する治療法に、毛孔性苔癬フラクセルがあります。毛孔性苔癬フラクセルはレーザー治療の一種で、約0.1mmという極小のレーザーをぶつぶつがある箇所に照射することで、厚くなった角質がレーザに反応し、ターンオーバーを促進させます。古い皮膚を新しい皮膚に入れ替えていくため、毛孔性苔癬のほかにも、ニキビ跡、毛穴の開き、皮膚の凹凸などに効果が期待できます。

    施術後は保湿をすることが大切

    毛孔性苔癬フラクセルを受けました。痛くないか不安だったのですが、麻酔クリームを塗ってもらったので、そこまで痛みは感じませんでした。ただ、麻酔が切れた後は赤みとヒリヒリが気になりました。その後はクリームでしっかり保湿しています。まだ一度しか受けてないので、これから変化が楽しみです。

    二度目で肌がすべすべしてきました

    一度毛孔性苔癬フラクセルを受け、その時はあまり変化がなかったのですが、二度目でようやく変化が見えてきました。見た目にはそれほど違いはありませんが、手触りが治療前よりすべすべしています。何度か通えばよくなっていきそうです。

  • ケミカルピーリング

    定期的に受けることで徐々にきれいに

    サリチル酸やクエン酸、グリコール酸などの酸性薬剤を肌に塗ることにより、古い角質を取り除くケミカルピーリング。肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進して毛孔性苔癬を改善します。肌の代謝がアップすることできれいな肌を維持でき、再発を予防することが可能です。肌の奥にある真皮層で作られるコラーゲンの生産性を高められるため、ニキビやシミを取り除いてくれる効果にも期待できます。平均10回の施術で症状は落ち着きますが、きれいな肌を維持するためには定期的な治療が必要です。肌の状態やタイプを見極めて塗る必要があるため、経験豊富な医師に施術を行なってもらいましょう。

    毛孔性苔癬にケミカルピーリングを受けた結果…

    友達が私の肌を見たときの反応がショックだったので、毛孔性苔癬の治療を決意しました。施術を受ける前にカウンセリングを受けると「効果には個人差があります」と言われたので少し不安でしたが、早く治したかったので施術を受けることに。天然由来の酸を使っているところも魅力でした。何回か治療を受けると、私の肌とは思えないほどきれいに!効果があってよかったです。

    毎月受けていたら改善の兆しが!

    毛孔性苔癬で悩んでいた20代前半の女子です。ケミカルピーリングで治ると聞いたので、治療に挑戦してみました。最初はあまり効果を実感できませんでしたが、数カ月続けているとだんだん肌の調子が良くなってきたんです。まだ完全に良くなっているわけでないですが、確実に改善されています。このまま続けてツルツルスベスベの肌を目指すぞー!

  • トレチノイン外用

    強力な外用薬で毛孔性苔癬にしっかりアプローチ

    ビタミンA誘導体の一種であるトレチノインを含んだ外用薬を塗ることで、肌のターンオーバーを促進します。毛孔性苔癬の治療で使用される薬ですが、シミやシワなどの改善にも使われているとのこと。トレチノインは強力な効果のある薬なので、取り扱いには注意が必要です。塗り過ぎると皮がはがれすぎて痛くなったり、代謝が早くなりすぎたりして肌の再生が追い付かず、紫外線の影響をモロに受けてシミだらけになってしまったという人もいます。入手する方法は皮膚科に相談して処方してもらうか、個人輸入をするかのどちらか。副作用を考えると皮膚科の医師に相談して処方してもらうことをおすすめします。適切に使えば、効果的に毛孔性苔癬を治療できるのが「トレチノイン外用」です。

    半信半疑だったけど良くなりました

    二の腕のブツブツがなかなか治らず悩んでいました。肌の代謝を助けてくれるトレチノインが入っている薬が効くと聞いたので、早速病院へ行って処方してもらったんです。最初は半信半疑だったのですが、しばらく使っているとだんだんお肌がきれいに!今では毛孔性苔癬もすっかり治っています。薬代も安いし最高ですね。これからも効果を維持するために使い続けます。

    トレチノインの治療レポート

    トレチノインを使ってみたのでレポートします。使い始めてから5日目が経過した辺りで肌がぽろぽろ落ちてきました。早い人だと3日ほどで落ちてくるようです。継続して使っていると効果が弱まってくるそうなので、ほかの薬も併用して使っています。明らかに肌がよくなっていることを実感することができていますよ。毛孔性苔癬で悩んでいる人もあきらめないで治療してみることをおすすめします。

  • 医療レーザー脱毛

    脱毛しながら毛孔性苔癬を消す!一石二鳥の治療法

    ムダ毛を効果的に処理する医療レーザー脱毛でも、毛孔性苔癬を改善することができます。脱毛を行なうと毛がなくなるため、毛穴が小さくなり、汚れが溜まらなくなるのです。毛孔性苔癬は毛穴に角質が詰まって引き起こされる症状なので、毛穴を小さくすることができれば根本的な解決になります。施術を受けて1週間ほどは毛穴が赤く腫れた状態になり、毛孔性苔癬のブツブツもひどくなる場合も。ただし、施術から2週間経過すると改善されることがほとんど。施術を6回以上することで、徐々に毛孔性苔癬が小さくなります。ムダ毛と肌トラブルを一気に解決できる一石二鳥の施術だといえるでしょう。

    レーザーでブツブツがなくなりました!

    昔から毛孔性苔癬のせいで肌がブツブツ状態になっているのが悩みでした。治療は受けたいと思っていたのですが、なかなか踏み出せず…。レーザーで改善できると聞いたので、クリニックに相談しました。カウンセリングで治療や費用についてのことを聞くことができたので、安心して施術を受けられましたよ。施術後3日間くらいは赤みがありましたが、今は良くなっています。長年の悩みが解決できて本当に嬉しいです。

    レーザーとスキンケアで肌質を改善!

    結婚式を挙げることになり、ウェディングドレスを着るために毛孔性苔癬の治療を決意。子どものころから肌のブツブツに悩まされていたので、治せるかどうか不安でした。レーザーとスキンケアを同時に進めることで効果的に治せるクリニックがあると聞いたので、早速そこへ相談。術後に赤みがでるかもしれないと説明を受けましたが、このままウェディングドレスは着られないので施術を受けることにしました。術後に赤みは出ていますが、確実にブツブツは減っています。スキンケアもしっかり行なって結婚式までにきれいな肌を手に入れたいです!

毛孔性苔癬治療の費用相場

  • 治療法 料金
    CO2フラクショナルレーザー 20,000~40,000円
    ダーマローラー 40,000~60,000円
    毛孔性苔癬フラクセル 45,000~70,000円
    ケミカルピーリング 10,000~20,000円
    トレチノイン外用 4,000~7,000円

毛孔性苔癬治療で考えられるリスクや失敗とは

  • 痒みや蕁麻疹

    毛孔性苔癬に用いられる「ダーマローラー」は、極細の針をローラー状に敷いた治療器です。毛孔性苔癬に対する効果は期待できるものの、治療時に痛みがあり、治療後には痒みや蕁麻疹が1~2週間続くことがあります。人によっては、出血や色素沈着を伴うことも。ダーマローラーの刺激が強いほどこれらの副作用リスクも高まるのですが、一方で少ない回数で肌をターンオーバーさせられるというメリットもあるので、医師とよく相談して決めましょう。

  • 赤みや色素沈着

    フラクショナルレーザーなどのレーザー治療は、ダウンタイムを必要とする治療です。個人差はありますが、赤みや色素沈着が数カ月から半年ほど続くことがあります。肌の露出が増える夏に向けて春から治療を始めたのに、夏本番になっても治っていない!ということがないよう、治療期間については必ず医師から説明を受けてください。夏に向けて治療を開始したいのであれば、秋や冬からスタートするのがおすすめです。

毛孔性苔癬は美容皮膚科でキレイにできる!

毛孔性苔癬は治療によってキレイにできる症状です。しかし美容医療を扱っていない通常の皮膚科を受診すると、「治らない」「いずれ治るから放っておけばいい」と言われることも少なくありません。毛孔性苔癬を治療するなら、皮膚科ではなく美容皮膚科へ行くことをおすすめします。最新の治療機器が揃っており、なにより「美しく」するための治療を行ってくれるのが美容皮膚科なのです。諦めていたぶつぶつもきっときれいになりますよ。

美容治療アドバイザー