肌のお悩みはココで解決!美容皮膚科の名医ガイド » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み事典 » たるみ
たるみ治療の名医

たるみ治療はドクター選びが重要

たるみは人によって症状も原因も様々。あなたの症状に合った治療法を提供してくれるドクター、クリニックを選びましょう。

ここでは、「日本形成外科学会所属」「日本美容外科学会所属」という2つのポイントで厳選した5人のドクターを紹介しています。

※このサイトにおける名医表記は、あくまで上記の定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません

【東京】征矢野進一医師

征矢野進一医師
画像引用元:神田美容外科形成外科医院(https://www.kandabiyou.net/)
日本における注入療法のパイオニア

コラーゲンやヒアルロン酸注入のパイオニアとして、国内外問わず知名度の高い先生です。

「プチ整形」とも言われるコラーゲン注入によるエイジングケア治療は、簡単なようで実は技術が効果左右します。

征矢野先生は、薬剤の選択、注入の位置、深度、量などを1人1人適切に見極め、満足度の高い施術をしてくれます。

所属医師会や保有資格
資格
  • 日本美容外科学会(評議員)
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容医療協会(理事)
  • 医学博士
経歴
  • 1979年:東京大学医学部卒業・形成外科医局入局
  • 1980年:福島県竹田総合病院
  • 1982年:専売病院 (現在の国際医療福祉大学三田病院)
  • 1983年:東京医科歯科大学
  • 1984年:東京警察病院
  • 1988年:神田美容外科形成外科医院 開院

神田美容外科形成外科医院

注入療法の権威・征矢野 進一による老舗クリニック

1988年の開業以来、全国的な知名度を誇る老舗クリニックです。

たるみ治療では、上瞼・下瞼のたるみ取りからスレッドリフト、フェイスリフトなどのメニューがあります。

ボトックスやコラーゲンの注入治療では、1人1人の状態に合わせて薬剤を選択・組み合わせ、注入の深度などを見極めた丁寧な治療をしてくれます。

たるみ治療施術と費用
  • スレッドリフト:4本(左右各2本)300,000円
  • 注入施術
    • ヒアルロン酸注入:1本90,000円
    • ハイドロキシアパタイト注入:1本130,000円
    • PRP注入:1回400,000円
    • PRP注入(2回目以降):200,000円
    • PPP注入:1か所50,000円
神田美容外科形成外科医院の詳細情報
診療時間
月〜金 10:00〜18:30
土 10:00〜14:30
所在地
東京都千代田区鍛冶町2-7-2 後藤ビル7F
休診日
日曜・祝日
アクセス
各線「神田駅」東口から徒歩1分
公式
サイト
https://www.kandabiyou.net/
電話番号
03-3257-0111

【大阪】大橋菜都子医師

大橋菜都子医師
画像引用元:ヴェリテクリニック(https://www.veriteclinic.or.jp/doctor)
丁寧な施術に定評のある女性ドクター

「外見だけではなく内面からも美しく輝けるお手伝いをさせて頂きたい」と語る大橋医師。

「美しくなりたい」という患者の希望を叶えるため、経年変化も見据えて最適な方法を提案してくれます。

患者第一で、常に冷静に、親身に話を聞いてくれると評判。技術の高さと丁寧な手技は、スタッフからも篤い信頼が寄せられています。

所属医師会や保有資格
資格
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)専門医
  • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
  • 日本レーザー医学会専門医
  • 日本皮膚科学会会員
経歴
  • 2001年:大阪市立大学医学部卒業
  • 2001年:大阪市立大学医学部付属病院形成外科
  • 2003年:寺元記念病院 形成外科
  • 2004年:大阪市立大学医学部付属病院形成外科
  • 2007年:府中病院 形成外科主任
  • 2010年:ヴェリテクリニック入職
  • 2015年:ヴェリテクリニック大阪院院長就任

ヴェリテクリニック

日本美容外科学会専門医が多数在籍するクリニック

大阪・東京銀座・名古屋に展開するヴェリテクリニックは、日本美容外科学会で専門医に認定された医師が多く在籍する美容外科です。

これまでに多数の医師を教育してきた指導者でありながら、日々研鑽を重ね、患者にとって最適な施術を提供。

外科手術だけでなく、皮膚科のレーザー治療やアートメイク、点滴など内面からの美容医療にも力を入れています。

たるみ治療の施術と費用
  • サーモン注射:8,000円
  • ボトックス注入(眉間・アゴ・目尻・額・目の下):顔全体1回40,000円
  • PRP療法:顔全体120,000円
  • ヒアルロン酸注入:1本60,000円
  • 水光注射 (PRPのみ):70,000円〜
  • プラズマシャワー:10,000円
  • マイクロペン:顔全体25,000円
  • ケミカルピーリング:顔全体1回20,000円
ヴェリテクリニック大阪院の詳細情報
診療時間
10:00~19:00
所在地
大阪府大阪市北区茶屋町2-19 JPR茶屋町ビル5階
休診日
年中無休
アクセス
阪急梅田駅茶屋町口より徒歩1分、御堂筋線 梅田駅より徒歩5分、JR 大阪駅より徒歩7分
公式
サイト
https://www.veriteclinic.or.jp/osaka/
電話番号
0120-121-051

【名古屋】大口春雄医師

大口春雄医師
画像引用元:八事石坂クリニック(https://www.yagoishi.com/clinic/doctor)
質の高い医療の提供を行うドクター

麻酔科・救急科での研修を経て、形成外科や美容外科で長年の実績がある医師です。

「結果を約束することができない手術は行わない」というポリシーのもと、患者の立場に立った施術を全力で行ってくれます。

術後にも配慮し、手術跡が目立たないよう丁寧に縫合、腫れが少ない手術をしてくれると評判です。

所属医師会や保有資格
資格
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 専門医
経歴
  • 1984年:岡山大学医学部卒
  • 1986年:名古屋大学形成外科
  • 1990年:愛知県がんセンター頭頸部外科
  • 1995年:豊橋市民病院形成外科部長
  • 2000年:陶生病院形成外科部長
  • 2004年:ヴェリテクリニック名古屋院院長
  • 2008年:八事石坂クリニック院長

八事石坂クリニック

患者の満足度を第一に考えるクリニック

完全予約制で待ち時間が少ない上、じっくり時間をかけてカウンセリングし、患者の立場に立った治療を行っています。

たるみ取りでは、メジャーな下眼瞼脱脂術のほか、レーザー機器を導入したメスを使わない施術を提供。

開院して10年、2017年には名古屋駅前に2つめのクリニックを開院し、さらに充実した医療体制を確立しています。

たるみ治療の施術と費用
  • ウルトラセル(顔全体):1回250,000円
  • イントラセル(顔全体):1回80,000円
  • イントラジェン・ドクター照射(冷却付き)400shot:1回160,000円
  • ウルトラジェン(ウルセラ+イントラジェン)400shot::1回500,000円
  • アキュリフト:300,000円
  • ヒアルロン酸注入(レスチレン):1本60,000円
  • ボトックス注射(眉間・目尻・額):1回30,000円
  • PRP療法:1回100,000円
八事石坂クリニックの詳細情報
診療時間
9:30〜18:30
所在地
愛知県名古屋市天白区八事石坂601カンピオーネ八事石坂1階
休診日
水曜・日曜・祝日
アクセス
名古屋市地下鉄鶴舞線、名城線「八事」駅から歩いて2分
公式
サイト
https://www.yagoishi.com/
電話番号
052-589-1382

【福岡】小住和徳医師

小住和徳医師
画像引用元:OZUMIクリニック(https://www.ozumi.jp/)
さらなる研鑽を重ねる熟練ドクター

小倉南区の美容形成外科医として長年信頼を集め、福岡・北九州エリアでも一目置かれるドクターです。

形成外科と美容外科の専門医として、両方の治療の特性を活かした適切な施術を提案。

「美容外科は自信を持って生きることへのお手伝い」とし、業界の第一線を走り続けています。

所属医師会や保有資格
資格
  • 医学博士
  • 日本美容外科学会専門医
  • 日本形成外科学会専門医
  • (社)日本美容医療協会適正認定医
  • 日本臨床形成美容外科医会理事
  • 国際美容外科学会正会員
経歴
  • 1983年:昭和大学医学部大学院(形成外科)卒業
  • 1979〜83年:昭和大学形成外科、虎の門病院形成外科、日赤医療センター、国立病院医療センター
  • 1983〜89年:聖マリア病院形成外科部長・唇裂口蓋裂センター長
  • 1989年:松股医院形成・美容外科院長
  • 2002年:OZUMIクリニックに名称変更"

OZUMIクリニック

美容医療で「自信を持って生きる」をサポート

進化し続ける医療技術と、13種類以上のレーザーでしみ・しわ・たるみ、リフトアップなどそれぞれの症状に適したレーザーを使い分け、満足度の高い美肌術を提供してくれます。

クリニックに通う患者の肌は、内側から輝きを放つ「真珠肌」と評され、憧れる人も多いとか。入院設備も完備しており、遠方の方もゆったりと治療を受けられます。

たるみ治療の施術と費用
  • UTIMS(ユーティムス):1回300,000円
  • モザイク・リミテッド:1回65,000円
  • レーザーフェイシャル リフトアップコース:450,000円
  • PRP注入:250,000円(税別)
OZUMIクリニックの詳細情報
診療時間
10:00~18:00
所在地
福岡県北九州市小倉南区長行東2-14-11
休診日
木曜日、水曜日午後、第3日曜日、盆正月
アクセス
JR小倉駅よりモノレール「徳力嵐山口」下車 徒歩5分
公式
サイト
https://www.ozumi.jp/
電話番号
093-452-1117

【札幌】前多一彦医師

前多一彦医師
画像引用元:聖心美容クリニック札幌院(https://www.biyougeka.com/doctor/maeda/?__utma=45183526.1703978040.1582804713.1582804713.1582804713.1&__utmb=45183526.0.10.1582804713&__utmc=45183526&__utmx=-&__utmz=45183526.1582804713.1.1.utmcsr=(direct)|utmccn=(direct)|utmcmd=(none)&__utmv=-&__utmk=79631185)
患者一人ひとりの状態を全て把握

医学博士としても多くの学会発表や講演を行っており、その知識の豊富さや技術力の高さにスタッフからも篤い信頼が寄せられている前多医師。

とてもやさしく、気さくな性格で、数多く担当する患者の処置後の経過は全て把握。

1人1人に責任を持って最適な対応をしてくれます。

所属医師会や保有資格
資格
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
経歴
  • 1992年:旭川医科大学卒業、北海道大学医学部附属病院形成外科
  • 1999年:医療法人鉄蕉会亀田メディカルセンター形成・美容外科部長
  • 2001年:北海道大学大学院医学研究科で医業と両立しながら研究に従事
  • 2005年:大手美容外科勤務。理事長・院長・診療部長歴任
  • 2008年:聖心美容クリニック札幌院院長就任

聖心美容クリニック札幌院

美容業界の発展に寄与する「まじめ」なクリニック

北海道から九州まで全国に9院を展開する聖心美容クリニック。

美容外科・美容皮膚科・美容内科・美容再生医療など、美容におけるすべての分野の治療が受けられる総合美容クリニックです。

「高品質な美容医療」をモットーに、世界の医師とも積極的に交流。

先進の医療技術で施術の幅を広げると共に、「正しい美容医療クリニック選び」の啓蒙活動を行い、美容医療の発展にも努めています。

たるみ治療の施術と費用
  • ウルトラセルQプラス全顔150,000円
  • プレミアムPRP皮膚再生療法:ほうれい線(両側) 290,000円
  • ビスタシェイプ・ビスタアイ:196,000円
  • TESSリフト:両側6本200,000円
  • G-Cogプレス(Gコグプレス):両側6本200,000円
聖心美容クリニック札幌院の詳細情報
診療時間
10:30~13:00/14:00~19:00
所在地
札幌市中央区北5西2 JRタワーオフィスプラザさっぽろ15F
休診日
年中無休
アクセス
JR札幌駅直結(JRタワーオフィスプラザさっぽろ内)
公式
サイト
https://www.sapporoin.com/
電話番号
0120-509-905
なやみ

たるみとは

たるみとは、本来ならキュッと引き締まっているはずの肌細胞が何らかの理由でゆるんでしまった状態のこと。理由は肌が受ける刺激や肌の成分量、生活習慣など複数存在します。とくにたるみやすいのは目元・口元・顎下の3箇所。目元がたるむと疲れているように、口元がたるむとおばあちゃんのように、顎下がたるむと太っているように見えます。肌がたるむだけで見た目年齢が一気に上がってしまうので、「最近肌にハリがないかも…」という方は原因と治療法をチェックしておいてくださいね。

たるみの原因

たるみの原因はさまざまですが、大きく3つのパターンに分類されます。

  • コラーゲン・ヒアルロン酸の不足

    コラーゲンやヒアルロン酸が不足すると、肌のハリが保てなくなるため、たるみが生じます。コラーゲンやヒアルロン酸が減少する要因は主に3つです。まずは「老化」。年を取るとコラーゲンやヒアルロン酸の生成量が落ちます。そして「食生活」。偏った食生活を続けている場合も、コラーゲンは不足しがちに。最後に「乾燥」。乾燥した肌は、水分やコラーゲンが足りていない状態なのです。

  • コラーゲンの破壊

    食事やサプリメントでコラーゲンを摂取していても、破壊する要素に心当たりがあるなら要注意。まず挙げられるのが紫外線です。紫外線は肌内部にあるコラーゲンを破壊します。そして喫煙もコラーゲンを破壊する「活性酸素」を大量発生させる行為です。

  • 重さ・重力

    肌を支える環境に影響が及ぶと、重さや重力に抗えなくなります。まず、表情筋が衰えると、重力によってたるむ肌を支えられなくなります。また、ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れて代謝が落ち、肌のターンオーバーに影響が。老廃物が溜まり、その重みで肌がたるみます。

たるみの種類

代表的なたるみの種類を4つご紹介します。それぞれの特徴と見分け方をまとめているので、心当たりがないかチェックしてみてください。

  • 真皮たるみ

    真皮たるみは、肌細胞を形成するコラーゲンやヒアルロンの減少が原因のたるみです。ハリを与えているコラーゲンやヒアルロン酸が減ると、真皮はボリュームを失います。薄くなった真皮は重力に逆らえずにたるんでしまうのです。また、若くても乾燥肌の方は、コラーゲンやヒアルロン酸が不足傾向にあり、真皮たるみが表れやすいようです。

    治療法は…

    真皮たるみはコラーゲンやヒアルロン不足が原因なので、ボリュームを失った肌をふっくらさせる治療がベストです。レーザー治療はコラーゲン量を増やすだけでなく、代謝促進効果もあるのでハリのある美肌をゲットできるでしょう。

    見分け方
    仰向けになってたるみの状態を確認してください。たるみが目立たなくなったり消えたりしたなら真皮たるみです。
  • 筋肉・筋膜たるみ

    筋肉・筋膜たるみは無表情の方に表れやすいたるみです。年齢を問わず、感情をあまり表に出さない方に多く見られるのが特徴。表情が乏しいと表情筋は衰え、真皮の形状を支えられません。猫背やスマホ依存症など、常にうつむきがちな姿勢の方はとくに注意が必要。表情筋が衰えている状態でうつむくと、肌は重力に逆らう術を失いたるみが悪化します。

    治療法は…

    筋肉の衰えが原因の筋肉・筋膜たるみは、肌細胞の働きを活性化させる治療法を受けましょう。糸リフトは、埋め込んだ糸が肌細胞を刺激する治療法で、自らの肌細胞がたるんでいた肌を引き締めます。

    見分け方
    普段の表情や笑ったときの感覚で筋肉・筋膜たるみかどうかを見分けましょう。笑ったときに顔がいたくなる、または常に口角が下がっている場合は高確率で筋肉・筋膜たるみです。
  • 脂肪減少たるみ

    脂肪減少たるみは、短期間で急激に痩せたときに表れやすいたるみです。年齢に関係なく、若い年代にも多く見られるのが特徴。今まで脂肪で引き伸ばされていた皮膚がダイエット後も縮めずに余ってしまい、たるみとなります。緩やかにダイエットをすれば、防ぐことが可能です。

    治療法は…

    脂肪減少たるみは伸びてしまった皮膚が原因なので、たるみ部分の皮膚をカットするのが最も手っ取り早い方法です。皮膚を引き締める治療で改善していくことも可能ですが、ほかのたるみよりも時間がかかります。

    見分け方
    体重を定期的にチェックして脂肪減少たるみかどうか見分けましょう。ひと月で3キロ以上体重の増減が見られたら脂肪減少たるみの可能性が高いです。
  • むくみたるみ

    むくみは老廃物がたまってしまうことで生じます。むくみを繰り返して老廃物が溜まると、その重さに耐えられなかった肌の一部がたるむのです。代謝が悪いとむくみやすいので、運動不足の20代や基礎代謝が落ちる30代以降の女性に多く見られるのが特徴です。

    治療法は…

    むくみたるみは、体の外に老廃物を排出するための治療法が◎。代謝を上げるレーザー治療やターンオーバーを促すケミカルピーリングがおすすめです。

    見分け方
    たるんでいると感じる箇所を20~30秒ほど親指で押しみてください。力強くグッと押すのがポイントです。肌が親指の形にくぼんで跡が残ったら、むくみたるみだと考えられます。

たるみ改善なら美容皮膚科で治療を受けるのが近道

  • 日常のケアでたるみを改善させるのは難しい

    シミやニキビなど他のお悩みと違い、たるみ改善に特化した化粧品はあまり多くありません。これは、化粧品だけではたるみ改善効果が見込めないということ。マッサージや顔痩せダイエット等も、根本的な改善ができるものではありません。たるみを改善させるためには、原因を見極めたうえで、適した治療を受けることが大切です。そのためにも、安易にセルフケアを行うのではなく、きちんとクリニックを受診して治療を行なっていきましょう。

  • たるみ治療は早ければ早いほど効果大

    たるみは時間が経つにつれて加速していく症状です。年齢を重ねて深刻な状態になると、クリニックの治療でも改善が難しくなることがあります。しかし、まだそれほど進行していない状態のたるみであれば、比較的改善が容易です。早期治療は、時間的にも費用面でも負担が少ない点がメリット。「少し顔がたるんでいるかも…?」と感じたら、なるべく早くクリニックを受診することをおすすめします。若い見た目年齢をしっかりキープできますよ。

たるみの治療法

ここでは美容皮膚科で受けられるたるみの治療について、種類別に紹介していきます。

糸を使った治療

たるんでいる皮膚の下に特殊な医療用の糸を挿入し、皮膚を引き上げることでたるみを改善させる治療です。糸のタイプはクリニックによってさまざま。たるみ解消のマシンと同レベルか、それ以上の強力な引き上げ効果が期待できます。。

高周波・赤外線治療

皮膚に高周波や赤外線を照射し、たるみを引き締める治療法です。肌の奥深くにある真皮層に高周波を照射すると、熱で真皮層内のコラーゲンが収縮。さらに、熱で傷ついた真皮細胞を修復するために新たに大量のコラーゲンを生成、活性化するため、しわやたるみに効果を発揮します。メスを使用しないので、ダウンタイムも少ないのが特徴です。

治療の際に考えられるリスク・失敗

  • 施術後の痛み

    たるみ治療で考えられるリスクは「レーザー照射による痛み」です。照射するレーザーにもよりますが、痛みが強く出やすいマシーンもありますし、痛みを感じにくいマシーンもあります。痛みの感じ方には個人差があり、照射するレーザーの強度や体質によってさまざま。特にフェイスラインは痛みが出やすくなります。数日間ヒリヒリしたり鈍痛が続いたりすることもあるでしょう。ダウンタイムは1週間程度が目安。それ以上かかる場合や、我慢できない痛みが続く場合は医師に相談するようにしてください。

  • ヤケドや色素沈着

    レーザー治療には副作用のリスクがあります。ヤケド・色素沈着・かぶれ・水疱(すいほう)などがその一例です。敏感肌でダメージが大きすぎる場合や、照射パワーが強すぎる場合が挙げられます。また糸を使用するリフトアップでは、異物反応を起こして顔が腫れる場合も。副作用のリスクを下げるためにも、カウンセリングで肌質や肌の状態をしっかりチェックしてくれる、施術実績の高いクリニックで治療することをおすすめします。

たるみは早期治療をして見た目の若さを維持しよう

どんなにケアに気を使っても、年齢を重ねると避けられないのがたるみの怖いところ。しかし、早いうちから適切な治療を行えば、しっかりとたるみを引き締めることが可能です。また、早期にたるみ治療を始めることで、見た目年齢の進行がぐっと緩やかになりますよ。将来的に、より美しく見た目年齢を重ねていくためにも、一度美容皮膚科でたるみについてカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

美容治療アドバイザー

顔のたるみ 関連ページ