HOME » 美容皮膚科で治療できる肌のお悩み辞典 » 美白治療|美容皮膚科@ポータル
美容皮膚科で受けられる美白治療

美しい白肌へと導いてくれる美容治療とは?

肌がワントーン明るくなるだけでも、気分も前向きになれるもの。きっと多くの女性が、美しい白肌を望んでいるのではないでしょうか。 赤ら顔や色黒肌、くすみなど、美白治療を考える理由は様々。 美容皮膚科では、いろんな肌タイプに合わせた美白治療を行っています。どんな治療法があるのか、チェックしてみましょう。

4階
なやみ

美白治療とは

古い角質や老廃物が溜まった肌は化粧ノリが悪くなり、くすんだ色に見えてしまいます。それを取り除き、肌色を明るくするのが美白治療です。 美白といっても、白人のような肌になるほどホワイトニングするわけではありません。その人本来の美しい素肌を取り戻すことを目的として治療を行います。 歳を取るごとに増えてくるくすみやシミなどの肌トラブルは、セルフケアではなかなか改善しません。美白化粧品やサプリメントを使い続けるよりも、クリニックで治療を受けるほうが早く効果が現れるうえ、コストパフォーマンスに優れているといえます。

美白が損なわれる原因

肌本来の白さを損ねる要因としては、赤ら顔やくすみ、シミやそばかすなどが挙げられます。それぞれ原因を掘り下げてみていきましょう。

赤ら顔

  • 肌の薄さ

    肌が薄いと血管の色が透けやすくなり、赤ら顔となります。緊張や興奮で赤くなるという体質もありますが、洗顔の際に皮膚をこすって刺激したり、市販のピーリング剤を使いすぎたりすることで、赤みが生じることも多いのです。

  • 肌への刺激

    化粧水やクリームなどの化粧品が肌に合わないと、かぶれ・赤み・かゆみ・にきびなどの症状を引き起こし、美白が損なわれてしまう恐れがあります。美白成分が入っていても、肌荒れしてしまっては意味がありません。化粧品は、美白になれるかどうかではなく自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

くすみ

  • メラニン色素の沈着

    美白が損なわれる原因としてもっとも多いのは、メラニンの蓄積によるものです。紫外線や摩擦などの刺激を受け続けた肌は、メラニンを過剰に生成してしまいます。メラニンが増えると色素が沈着しやすくなり、肌本来の透明感が失われるのです。また、美白の天敵であるシミやそばかすもできやすくなります。

  • 肌の乾燥

    肌が乾燥していると、角質が分厚くなってはがれにくくなり、くすんだような肌色になってしまいます。美白を保つには、肌のターンオーバーを正常に保つための保湿が欠かせません。

地黒でも色白になれる?

肌の色は遺伝するので、遺伝的に色黒の肌を白くすることはできません。美容皮膚科で行われている美白点滴やレーザーによる治療は、あくまでも肌のターンオーバーを正常にしたり角質を除去したりするためのもの。肌の色素を抜くわけではないのです。
しかし、シミやくすみによって肌がより黒く見えている可能性もあります。ピーリングや美容点滴を受けることで、真っ白にはならなくても透き通った美しい肌になれるので、一度は美容皮膚科でカウンセリングを受けてみても良いかもしれません。

美容皮膚科で受けられる美白治療とは

ここでは、美容皮膚科で受けられる美白のための治療方法を紹介します。

レーザー治療・光治療

レーザーや光の力で肌の奥に存在する色素を破壊し、くすみを改善する治療法です。黒や茶色のメラニン色素に反応するものや、炎症後に残ったヘモグロビンの赤い色素に反応するものなどがあり、どれが合うかはくすみの種類によって異なります。

  • Vビーム

    米国の著名なキャンデラ社が開発した、毛細血管を破壊するレーザー治療器。血管性皮膚病変、つまり毛細血管の影響による赤アザや赤ら顔を改善し、肌に本来の白さを取り戻す効果があります。紫外線の影響で沈着したシミ、くすみの解消にも有効です。

  • BBL光治療

    BBL(ブロードバンドライト)と呼ばれる医療用の光を照射し、肌の表層に沈着したメラニン色素の除去を狙う治療法。一般的な光治療であるフォトフェイシャルに比べて、約5倍もの美白効果が期待できると言われています。深層でコラーゲンの生成が促されることから、肌のハリ・ツヤもアップします。

  • フォトフェイシャル

    医療用の光を肌に照射することにより、シミやくすみ、色ムラなどを解消する治療法。光の効果によって沈着したメラニンにダメージを与え、色素を排出します。あわせてコラーゲンの生成を促す効果もあるため、美白のみならず、肌のハリなどの様々な効果を期待することができます。

  • ジェネシス

    ジェネシスとは、ロングパルスレーザー機器(ヤグレーザー)のひとつで、従来のヤグレーザーよりも安全性と美肌効果が進化したものです。浮き出た毛細血管を目立ちにくくする効果や、目の下のクマやニキビ跡の凸凹にも効果が期待でき、くすんだ肌に明るさを取り戻してくれます。

  • ロングパルスYAGレーザー

    肌の内部にある赤みを徐々に減らすことで美白効果をもたらす医療用レーザー機器。真皮層に熱エネルギーを浸透させることにより、肌内部のコラーゲンの生成が促進されて、肌のハリをアップさせる効果もあります。Qスイッチヤグレーザーとの併用で、より高い美白効果を目指すクリニックもあります。

注入治療

  • プラセンタ注射

    プラセンタ注射とは胎盤から抽出した成分を注射する治療法です。もともとは肝臓疾患や更年期障害の治療に使用されていましたが、成長因子をはじめ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの有効成分が豊富に含まれており、肌の新陳代謝の向上や美白効果が期待できます。

  • 水光注射

    ヒアルロン酸をベースにした薬剤を肌に注入する治療法。美容先進国の韓国で盛んに行なわれているアンチエイジング治療です。特定の効果を狙う治療ではなく、肌全体の若返りを狙う治療のため、効果の一環として美白を狙うことも可能。5針同時に注入できる専用マシンを使用します。

  • リジュラン

    成長因子の増産効果や毛細血管の循環促進効果を持つ薬剤を注入し、肌全体の若返りを図る治療法。シミ、くすみ、クマの解消による美白効果を始め、毛穴、ニキビ、ニキビ跡、傷跡など幅広い美肌効果をもたらすことができます。限りなく根本治療に近いとされ、その効果は長期間継続すると言われています。

  • グロースファクター

    細胞を増殖させる因子(グロースファクター)を肌に注入することで、コラーゲンやエラスチンなどの若返り物質の生成を促し、シミやくすみなどの美白効果をもたらす治療法。顔全体の若返りを図ることができるので、しわやたるみなどの解消効果も期待できます。

イオン導入

  • ビタミンC導入

    点滴や注射、内服などによって、美白効果が高いとされるビタミンCを体内に取り入れる治療法。ビタミンCには沈着したメラニンを消滅させる働きがあるとされることから、ほとんどの美容クリニックにおいて美白治療に利用されています。日焼けなど、一時的なメラニンの排除にも効果的です。

  • エレクトロポレーション

    皮膚に電圧を加えることによって一時的に細胞に微細な穴を開け、この穴から大量に有効成分を注入する治療法。単純な塗布やイオン導入に比べて極めて高い浸透率となるため、その分、シミやくすみなどの改善効果も高くなります。レーザー治療との併用で、より高い美白効果を得ることも可能です。

ピーリング

  • カーボンピーリング

    超微粒子の黒いカーボンクリームを、毛穴の奥深くまで塗り込みレーザーなどを照射することで、カーボンクリームが瞬時に蒸発します。その際毛穴の汚れや余分な角質を除去するとともに、熱エネルギーにより線維芽細胞を刺激してコラーゲン生成を促進。肌のくすみを取り除きます。

  • ダイヤモンドピーリング

    先端に微細なダイヤモンド粒子がついたチップ等を皮膚に当てて、古い角質を除去することで美白効果を狙うピーリングの一種。沈着したメラニン色素を直接除去するわけではありませんが、角質を除去することでシミ、くすみなどを取り除く効果が期待できます。

薬による治療

  • トランサミン(トラネキサム酸)

    トランサミンは、美白効果の高い人工的なアミノ酸の一種。もともとアレルギーや炎症を抑える内服用として利用されてきましたが、2002年より美白効果のある成分として厚労省より認可を受け、以来、広く美容医療の現場で利用されています。内服薬として、またはイオン導入用の薬剤として使われます。

美白治療の費用相場

  • レーザー・光治療

    治療法 料金
    ジェネシス 30,000~50,000円
    BBL光治療 40,000~60,000円
    フォトフェイシャル 20,000~30,000円
    Vビーム 20,000~30,000円
  • 注入治療

    治療法 料金
    プラセンタ注射 5,000~7,000円
    水光注射 50,000~80,000円
    グロースファクター 100,000~200,000円
    リジュラン 70,000~100,000円
  • 導入治療

    治療法 料金
    エレクトロポレーション 5,000~15,000円
    ビタミンC導入 5,000~10,000円
  • ピーリング治療

    治療法 料金
    ダイヤモンドピーリング 5,000~20,000円
    カーボンピーリング 40,000円~60,000円
  • 処方薬

    治療法 料金
    トランサミン(トラネキサム酸) 2,000~5,000円

美白治療で考えられるリスクや失敗とは

  • 血栓ができる

    トランサミンには血液を凝固させる作用があり、もとは止血のために用いられていた薬です。そのため、必要以上の量を服用し続けた場合、血管中に血栓ができるという副作用が考えられます。比較的副作用の少ない医薬品ではありますが、必ず医師の指示を守って服用してください。その他、まれに食欲不振や嘔吐、胸やけなどを起こすことがあります。

  • 発疹やアレルギー

    美白治療として広く行われているプラセンタ注射ですが、まれに悪寒や発熱、発疹などが生じることがあります。また、アレルギー症状が現れたという事例も。プラセンタはヒトの胎盤由来のエキスを原料としている以上、これらの副作用リスクは避けられないのです。プラセンタの種類や注入方法が厚生労働省の認可を受けているかどうか、必ず確認したうえで治療を受けましょう。

治療法に迷ったら美容皮膚科で相談を

「自分は色黒だから…」と諦めていませんか?生まれつきの肌の色は変えることはできませんが、角質の汚れやくすみによって色黒になってしまっている場合があります。こうした色黒肌は、治療によってある程度改善させることが可能です。赤ら顔や、年齢を重ねた肌…。美白を損ねている原因に合わせて、自分に合った美白治療を行ってください。

美容治療アドバイザー