肌のお悩みはココで解決!美容皮膚科の名医ガイド » 美容皮膚科で受けられる施術メニューまとめ » フラクショナルレーザー

美容皮膚科で受けられる施術メニューまとめフラクショナルレーザー

ニキビ跡・毛穴に効果絶大!フラクショナルレーザーとは?

フラクショナルレーザーとは、特殊なレーザーの力によって、ニキビ跡の凸凹や毛穴の開きなどを改善していく治療法。コラーゲンを増産させる働きもあることから、小じわ解消などの若返り効果も期待できます。ここでは、フラクショナルレーザーの効果の概要や、肌に効果をもたらすメカニズム、施術が可能な部位、治療による副作用、治療後のダウンタイムなどについて詳しく解説します。特に、ニキビ跡でお悩みの方は、ぜひ一度検討されたい治療メニューです。

4階

肌の奥まで効果が到達する治療法

フラクショナルとは、英語で「断片的な」という意味。光などの面で肌に効果をもたらす施術に対して、レーザーの点で肌に効果をもたらす施術と考えて良いでしょう。

フラクショナルレーザーは点で攻める施術法のため、面による施術に比べて、その効果は肌の奥まで到達します。ニキビ跡の凸凹や深い毛穴の開きなど、一般的な照射系治療では効果が限られていた症状に対しても、高い効果を発揮することが特徴です。

ニキビ跡・毛穴・小じわの改善に効果あり

フラクショナルレーザーは、主に次のような症状の改善に高い効果を発揮します。

ニキビ跡の凸凹

フラクショナルレーザーは、特にニキビ跡の凸凹を解消する治療法として有名。ニキビ跡のクレーターを改善させる方法としては、他にも光治療やケミカルピーリングなどがありますが、これら別の方法と比較しても、フラクショナルレーザーの効果は抜群と言われています。

毛穴の開き

フラクショナルレーザーから照射されるレーザーは、肌の奥まで到達することが特徴。よって、毛穴の開きを改善させる治療法としても、高い効果を発揮すると言われています。毛穴の開きが軽度の場合には、別の治療法で改善させることも可能ですが、症状が深刻な場合にはフラクショナルレーザーが適しているでしょう。

小じわなど

フラクショナルレーザーには、肌内部のコラーゲンの生成を促す働きがあります。治療を受けることによって肌にハリが生まれ、小じわの解消効果や、肌のキメを整える効果が期待できるでしょう。

なお、フラクショナルレーザーは、1度の施術で効果を実感できるタイプの治療法ではありません。基本的には、1ヶ月に1回のペースでトータル4回ほどの施術を受けることが推奨されます。ニキビ跡の症状が著しい場合には、さらに回数を追加して施術を受けたほうが良いでしょう。

コラーゲン増産と自然治癒力の相乗効果

フラクショナルレーザーを1回作動させると、ハンドピースの表面からは約70本のレーザーが同時に照射されます。それぞれのレーザーは強い力で、皮膚の表面にキルゾーンと呼ばれる直径約1mmの穴を開けます。

キルゾーンを中心に、皮膚の内部では熱拡散が発生。それによってタンパク質が合成され、コラーゲンが急速に増産。コラーゲン増産による肌の若返り効果、そして、皮膚の穴の自然治癒力によって、ニキビ跡や毛穴の開きなどの様々な肌のトラブルを解消していく、というのがフラクショナルレーザーの効果のメカニズムです。

全身のほとんどの施術が可能

フラクショナルレーザーの治療部位は、多くの場合、顔です。ただし、顔以外の部位に施術ができないわけではありません。肌のキメを整えたい部位ならば、どこでも施術が可能です。以下、フラクショナルレーザーでよく見られる施術部位について、施術範囲の広さ別にご紹介します。

比較的狭い範囲

  • 目の下
  • 目の上

中くらいの範囲

  • 顔全体
  • うなじ
  • 手の甲
  • 足の甲
  • かかと
  • ワキ

比較的広い範囲

  • デコルテ
  • 背中(上下)
  • お尻
  • 太もも(前後)
  • ヒザ
  • ふくらはぎ
  • すね
  • ヒジ下
  • ヒジ上

フラクショナルレーザーは、全身のほとんどの部位に施術か可能な治療法と考えて良いでしょう。

副作用とダウンタイムについて

フラクショナルレーザーには、大きく分けて、パワーが「強め」のタイプと「やや強め」のタイプの2種類があります。前者をAblativeと呼び、後者をNon-Ablativeと呼ぶことがあります。

「強め」のタイプのフラクショナルレーザーで治療を受けた場合、副作用もダウンタイムも少々重め。施術を受けた当日は、メイクが禁止になります。

逆に、「やや強め」のタイプのフラクショナルレーザーで治療を受けた場合は、「強め」に比べると副作用もダウンタイムも軽め。施術当日にメイクをして帰ることも可能です。

以下、フラクショナルレーザー全般に言われている副作用とダウンタイムについて確認しておきましょう。

副作用

施術中の痛み

レーザーを照射された瞬間、肌に痛みを伴います。我慢できないほどの痛みではありませんが、不安な人は麻酔の使用を申し出たほうが良いでしょう。

ヒリヒリ感

施術後、日焼け当日のようなヒリヒリした感覚があります。通常は翌日には解消しています。

赤み

施術後、皮膚に赤みが生じます。照射パワーの強さによっても赤みの程度は異なりますが、メイクをしなければ、確実かつ不自然に赤いことが分かります。

腫れ

まれですが、腫れが生じる人もいます。腫れが長引く場合には、塗り薬や内服薬による治療が必要です。

ザラつき

レーザーを照射された皮膚表面は、軽くケガをしている状態です。そのため微細なカサブタが生じ、皮膚がザラザラした感覚になります。

ダウンタイム

「強め」のフラクショナルレーザーの場合は、施術後、上記の症状が1週間ほど続くことがあります。皮膚の赤みは確実に3日ほど続くため、連休などを利用して治療を受けたほうが良いかも知れません。なお、1週間を過ぎても症状が著しい場合には、治療を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

「やや強め」のフラクショナルレーザーの場合は、施術後、上記の症状が数時間から数日ほど続きます。基本的に、仕事や学校を休む必要はないでしょう。